2006.05.15

高橋メソッドがお笑いに。

先日、テレビを見ていたら歌を歌いながらフリップに書いたネタを高速でめくっている人を見た。それを見て、

「お、高橋メソッドか。」

と思った。でも、微妙だったなぁ。


ここの最後の方のヒライケンジという人です。

| | Comments (66) | TrackBack (1)

2005.10.23

なんだかいろいろと凄いですよね。

いろんなところで話題になっているインリンさまのblog。今回もすごいなー。これを一般的とみるかどうか。

 インリン・オブ・ジョイトイの日記

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.29

いやぁ、よかったよかった。

つい、さっき、阪神タイガースが優勝を決めましたね。おめでとうございます。それも対戦相手が巨人であるという事が何よりもいいですね。

明日から、各地で阪神セールの開催ですね、ちょうど金土日になってとてもタイミングのいい日に決めたと、小売業の人たちは喜んでいるでしょう。まぁ、それは大変な三日間の始まりでもあるのですけども、がんばってくださいね。

ところで、パリーグはいつの間にかダイエーに決まっていたんですね、知らなかった・・・。


しかし、日本テレビで今流れていたヒーローインタビューの中継で、音が度々飛ぶのは、何かのアレですか。

[2005/10/01 追記]
2つ間違いがあって、パリーグはこれからプレーオフなんですね。なので、まだ未定。そして、野球球団のダイエーはもうありません。ソフトバンクです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.29

このWeb広告が凄い。

いつものとおりYahoo!でニュースを見ているとすごい目を引く広告がありました。

おい、小池!
ものすごいインパクトですよね、これ。広告がより多くの人に周知する為に行う事であるならば、この広告は大成功ですよ。見て、クリックに至るまでのスピードがこれまでのWeb広告の中で一番短かったように思います。まぁ、無実の小池さんは「ビクッ!?」っとされたかもしれませんが・・・。

小池被疑者が早期に逮捕される事を期待しますし、そのきっかけがこのWeb広告だといいですね。


ちなみに小池被疑者に関する情報提供はこちらに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.21

とりあえず、いくかのお決まりを。

このblogの運用に関していくつかの決まり(Policy)を定めてみました。これらは読者の方の行動を縛るものではありませんし、必ずしも則る事はありませんので、安心して今までどおりこのblogを見て頂けると幸いです。また、これらのお決まりはわたしが随時必要があった場合に更新します。
主目的としては、言わば最近多くなってきた無法なトラックバックやコメント制限する為です。

- お決まり集 -
・個人情報の取扱いに関するお決まり
Privacy policy [Lastupdate:2005/08/21 Version:1.0]
・トラックバックに関するお決まり
Trackback policy [Lastupdate:2005/08/21 Version:1.0]
・コメント機能に関するお決まり
Comment policy [Lastupdate:2005/08/21 Version:1.0]
・リンクに関するお決まり
Link policy [Lastupdate:2005/08/21 Version:1.0]

| | Comments (10) | TrackBack (0)

2005.08.19

お風呂でくだらない思考を。

お風呂は命の洗濯と言われるようにとてもリラックス出来る空間で。でも、何もないので暇に感じてしまう事が多々あって、そういった場合は仕事についてや生活についてなどなにかを考えたりする時間に使う事がわたしの場合は多いようです。

さて、今日、お風呂に入っていてふと思ったことなんですが、お風呂でおならをするとお尻から空気というかもともとあったものが無くなると思うのです。そうした場合、無くなったところが真空状態になるのではなく、それを埋めるようにお風呂の水がそこに満たされてしまうのではないかと。

という事で、お風呂でおならをした場合はおしりから水気をよく切らないとパンツを濡らしてしまうことになってしまうのでお風呂でおならをした際には十分に注意が必要だなと思った次第なのですが、どうでしょうか。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.08.17

ライブドアのパブリックジャーナリストががんばっている。

次の衆議院選挙に堀江さんが立候補するかもしれないというニュースが出てますね、それも自由民主党の刺客として。是非、当選するといいですね(棒読み)
で、その堀江さんが経営しているライブドアがやっているサービスでライブドアニュースにパブリック ジャーナリスト(以下、PJ)によるPJニュースというものがあります。(PJについてはこちらを参照してください)

始まった頃は素人にどんな取材が出来て文章が書けるのかと高をくくっていたのですが、最近見ると結構いい記事がありますね。きっと集まったのは素人だけじゃなかったのでしょう。特に小田光康さんという人の記事がいいですね。と思っていて調べてみたら、PJの中のえらい人なんですね。

いいと思った記事。
 マスコミが信頼されないワケ、御巣鷹山の事故追悼現場で
 宮城県南部地震でホームレスのテント押しつぶされる

小田光康さんへのインタビュー
 パブリック・ジャーナリストは新たなジャーナリズムの扉を開く? (Hotwired Japan)

小田さんによるとPJは既存のマスメディアのカウンターを目指しているわけではないようですが、わたしは違った視点があればいいと思います。報道されない事を報道したり。上の記事にはそういう視点があると思います。だからこそ、読む価値があるのではないでしょうか。


ところで、この記事の神田さんってあのKNNの人なのでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.08.15

終(敗)戦60年という事で考えてみた。

結局、先の戦争は「窮鼠猫を噛めなかった」って事なんじゃないか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.25

トラックバックの価値の低下。

このblogにもたまにトラックバックをくれる人がいて、一応、どういう記事(人)から貰ったのだろうと、一度くらいは見に行く事があります。そうすると、最近はアレですね。こちらの記事について一言も触れていない場合が多いですね、ただ単に広告トラックバックを打っているというのか。こうやって、トラックバックの本来の意味も薄れてきて、消費されていくのでしょうね、仕方が無いのか。(トラックバックについてのわたしの考えは前に書きました。)

前回のWinnyの記事に対してもらったトラックバック先を見てみると、触れずにはいられないので、触れる事にしました。

情報漏洩 (芹花殿の悲しげな日記)

それにしても、
「データを社外に持ち出してはダメ!」
「社内にデータを持ち込んではダメ!」
これじゃあ、何の為のインターネットだか。

という事を書いていてこれだけでは少し読み違えてしまいそうですが、次に

インターネットによって、どんどん便利な世の中になるはずが セキュリティを厳しくするあまりに、不便になっていくという 状況になってますね。

こう書いているので、何が言いたいのかはだんだんと分かってきて、おかしいと思う人もいると思います。少なくともわたしの頭の中は「?」が浮かんでいました。

まず、

「データを社外に持ち出してはダメ!」 「社内にデータを持ち込んではダメ!」

という事ですが、データというのが何を示しているのかあまりわかりませんが、社外に持ち出す内容によっては個人情報の保護に関する法律や不正競争防止法に抵触する場合があります。その場合に、それを犯した個人だけではなく企業も罰せられる可能性がありますから、そのようなリスクを抑えようとするとは企業としては当たり前だと思いますし、管理を行うのは法律によって定められた義務ですから。

また、Winnyは開発者が逮捕されて以来、更新されておらず、社会的信用に対する高い攻撃力を持つウィルスがはびこっている事もあってWinnyを動かしているだけでリスクの高い事をやっているという事になります。そういう状況を認識して、そのパソコンで自分の業務上の情報を持ってきて仕事をする人がいるのでしょうか。判断力が低下しているとしか思えません。もちろん、インターネットに接続しているというだけでそのパソコンの安全性はかなり低くなります。世間にはWinny以外の危険性も蔓延っていますからね。

更にこのように言ってます。

インターネットによって、どんどん便利な世の中になるはずが セキュリティを厳しくするあまりに、不便になっていくという 状況になってますね。

確かにインターネットは情報共有のコストダウンやスピード化も含めていろんな便利さを世の中にもたらせたかもしれませんが、これまでになかったような危険性を与えているのも事実です。また、そんな危険性の近くにある個人のパソコンが安全であるとだれが証明出来るというのでしょうか。その個人が所属している企業がそれを確認できます?出来ませんよね。そうはならないという状況下では、企業が事故を未然に防ぐ為にいろいろな対策を考える事は自然の成り行きで、その一つとして、情報を持ち帰らせないという事は当たり前でしょう。それが正しく行えていない場合にはYahoo!BBのように多大な損害を受ける事になるか、最悪の場合、企業は倒産するかもしれません。(その場合の回答の1つとしてリモートアクセスなのかもしれません)


と、書いてきて、お互いの立ち位置が違うのであれば、こうも違ってくるのも仕方が無いのかもしれないなと思い始めました。インターネットの利便性が一番なのか、安全性が一番なのかという事ではないか、と。とりあえず、このくらいで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.20

IC付きキャッシュカードは安全なのか。

近年、銀行や郵便局のキャッシュカードが偽造されてお金を下ろされるという事件が多発しているようですが、その中でわたしのメインバングであるUFJ銀行ではいち早く偽造されにくいICチップ付きカードへの乗り換えを無料で行うという事を表明して話題になっていました。

1ユーザであるわたしはこれを確かめずにはいられませんでした。早速、UFJ銀行のWebサイトを見ると次のページにICチップ付きキャッシュカードについて説明がありました。

オールワンICカード (UFJ銀行)

オールワンICカードは、従来のオールワンカードに演算処理装置(CPU)つきのICチップが埋め込まれたキャッシュカードです。

これの内容を読むと、ICチップに対応したATMではICチップ内情報を使った高セキュリティな取引を、ICチップ非対応ATMと他社ATMでは磁気部分で今までどおりの取引が出来るという事が書かれています。

・・・ちょっとまてよ。

それじゃあ、磁気部分だけを偽造して他社ATMで引き出せば同じ問題が発生するじゃないか、と。

そうなんです、ICチップ付きキャッシュカードも偽造出来るんです、磁気部分のみだけど。なので、これだけでは磁気情報盗まれて、偽造されて、お金を引き出される事は無くなりません。

じゃあ、何故これが事件に対しての対策になりえるのか。その答えは、このICチップ付きキャッシュカードに付与される「オールワンICカード利用限度額サービス」というサービスがそれに該当するようです。

●オールワンICカード利用限度額サービス(以下、ICカード利用限度額サービス)
・ ICカードの高いセキュリティと利便性を兼ね備えたサービスです。
・ 当行のICカード対応ATMでは通常どおりのお取引き(お引出し、お振込み、お振替え)が可能です。
・ それ以外のATM(他行ATM・当行ICカード未対応ATMなど)をご利用の場合は、あらかじめお申出いただいた、1日あたりの利用限度額(例えば10万円)を超えた出金(お引出し、お振込み、お振替えそれぞれについて)を制限いたします。
→これにより、キャッシュカードの磁気部分を狙った不正な取引きによる被害を抑制します。

抑制が目的なんですね、なるほど。というわけで、スキミング防止の為にIC付きキャッシュカードに切り替えても、この利用限度額というのを設定しなければ、なんら問題の解決にもなりませんので、身を守りたい人はそのあたりの設定をお忘れなくしましょう。わたしは早速3月になったら乗り換えてみようと思います。


そんなUFJ銀行は愛・地球博応援しているようです。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

より以前の記事一覧