« January 2006 | Main | March 2006 »

2006.02.27

流石、中国。

どこまでが本気で、どこまでがネタなのか分からない国 中国。やっぱ、こうでなくちゃね。

たん吐きに「ハイテク摘発車」=現場押さえ清掃・罰金-北京市 (Yahoo!ニュース)

【北京27日時事】2008年北京五輪を控えて「文化水準向上」を目指す北京市の中心部・東城区でこのほど、公共の場でたんを吐く行為を監視するため、 100万元(約1450万円)以上を投入して「ハイテク摘発車」が導入された。24日には北京駅前広場で実際に使用され、9人を摘発した。中国紙・新京報が報じた。
 ハイテク車にはカメラ3台やプラズマテレビのほか、衛星通信設備が設置され、半径250メートル以内を監視できる。夜間にはサーチライトや赤外線撮影機能の利用も可能。指揮官が車内で画面を監視し、たんを吐く人を発見次第、現場係官に連絡、取り押さえる。 

夜間はサーチライトですか。すげぇですね。なんだかSFチックですよ、取締り風景は見てみたいです。


スピリッツ連載で近未来の重管理社会を描いている「CB感」の中で、中国っぽいお国が地球を制覇しているのは、あながち見当はずれではないのかも?

CB感REBORN 6 (6)CB感REBORN 6 (6)
東本 昌平
小学館 2005-10-28
売り上げランキング : 132,218

Amazonで詳しく見る

| | Comments (63) | TrackBack (2)

2006.02.24

ものには限度があろう。

茶髪の女生徒に黒スプレー 京都の高校教員 (Yahoo!ニュース)

 茶髪を理由に高校2年の女子生徒(17)に授業を受けさせず、髪に黒色のスプレーをかけたのは人権侵害だとして、京都弁護士会(田中彰寿会長)は24日までに、京都市立日吉ケ丘高校(同市東山区)に対し、改善を求める要望書を送付した。
 要望書などによると、女子生徒は茶髪を理由に学生証用の写真撮影を学校に拒否され、2年生だった昨年4月、髪を黒く染めるスプレーを無理やり教員にかけられた。

こういうニュースを見るといたたまれなくなりますね。自分が置かれている立場の優位さだけで、不当な力を他人に強いる人。なんだか、かわいそうですね。

で、この教員はどういう処罰されるのでしょうか。叱責くらいでしょうか。きっと退職には至らないのでしょうね。学校には自浄作用が無いから。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2006.02.01

2月、冬まっただなか。

2月に入りました。

仕事が忙しく徐々に生活がおろそかになってきています。途中で逃亡しそうですね、これでは。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »