« October 2005 | Main | December 2005 »

2005.11.30

死のキッス。

これは可哀想だなぁと思ったニュース。

15歳少女がキス後に急死=犯人はピーナツ-カナダ (Yahoo!ニュース)

カナダのケベック州サゲネーの病院は29日までに、15歳の少女、クリスティーナ・デフォルジュさんが交際相手の少年とキス後、急死したことを明らかにした。一見不可解な死だったが、「犯人」として浮上したのは、ピーナツアレルギーのショック症状。
16歳の少年は、デフォルジュさんが極度のピーナツアレルギーと知らず、キスする約9時間前にピーナツバターを塗ったトーストを食べていた。デフォルジュさんは病院で手当てを受けたが、数日後の今月23日に死亡した。
 

キスした彼女が目の前で急変して死んでしまって、その一因が自分にあったとは・・・。 わたしだったら、一生引きずってしまいそうです。

しかし、アレルギーってここまですごいものなのですね。9時間も前のピーナッツに反応するとは・・・。

彼女を大事に思う男子は彼女のアレルギーは把握しておかなければなりません。そうでないと、キスで殺してしまうかもしれないし、飲食店やメニュー選びにも重宝します。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.11.27

クリスマスシーズンはコピー機の故障率がアップするという話。

日本の話ではなくて、イギリスの話のようです。流石、大英帝国。すげぇです。

コピー機修理担当者の告白--悪ふざけもほどほどに (CNET Japan)

コピー機メーカーのキヤノンは、クリスマスシーズン中、事務用機器を丁寧に扱うよう訴えている。同社によると、祝い事が続くこの季節、修理依頼の電話が 25%も増えるという。その理由は、おなじみの行為--「臀部(でんぶ)のコピー」という悪ふざけをする人が増えることにある。
このような行為は、オフィスパーティでよく見られる。しかし、こうした悪ふざけの結果、コピー機のガラスを割ってしまう人が実に多いのだ。クリスマスシーズン中、キヤノン技術者の32%が、身体の一部をコピーしようとして割れたガラス板を修理するために呼び出されているという。

普段の件数がわからないですけど、25%ってすごいですね。そして、更に、

キヤノンは、顧客から寄せられる修理依頼の電話のうち46%が、業務とは無関係な行為による破損だという驚くべき数字を発表している。 西洋人の体格が「スーパーサイズ化している」ことも恐らく、こうした故障に影響を与えている。これに対応するため、キヤノンでは現在、ガラスを1mm厚くしているという。

キヤノンさま、いつもありがとうございます。うちもキヤノンのコピー機並びにレーザープリンタとありますが、メンテナンスの人にはいつも頭が下がってますが、それ以上に下げよう。

で、最低なのはこういう事態でしょうね。

イギリス北部に勤務するGeoff Bushは、自分が担当した修理について、面白い経験談を語る。ある若い女性がコピーの最中にガラスを破損してしまったそうだ。さらに、このコピー機は同時に紙詰まりを起こしてしまったという。機械が修理され、紙詰まりも解消された途端、酔いもすっかり覚めた同僚の目の前に排出されたのは、女性の臀部のコピーだった。 しかし、もっと驚くべき話を、北イギリスのサービスエンジニアSteven Mannionから得ることができた。「男性性器のコピーが詰まった機械を修理したことがある」

女子も男子も関係ないですね。メモリに残ったりしてる場合もあるでしょうし。こういう事をして発覚した場合は恐らく解雇なんでしょうね。まぁ、自業自得ですわな。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.11.14

がびーん。SUPERCARって解散してたのか。

確かSONYのオーディオのCMのBGMとして流れていたのを聞いて、また、映画版ピンポンのBGMとして使われていたのを聞いて以来、ファンだったSUPERCARは今年の春先に解散していたのですね、知らなかった・・・ _| ̄|○

そういう意味では終わり近くのテクノ歌謡っぽいのがとてもわたしにははまりました。とりあえず、DVDを見てこの悲しみとおさらばする事にしました。また、どこかで聞けるといいな。

B0009J8GGWLAST LIVE 完全版
スーパーカー
KRE 2005-06-29
売り上げランキング : 5,389
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
B0000CD86UHIGH BOOSTER+U.N VJ Works
スーパーカー
KRE 2003-11-19
売り上げランキング : 22,620
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.04

とりあえず、信頼できないものは入れないで。

なんだか中国と韓国のキムチ問題が日本まで飛び火しているようです。

韓国「自国産キムチからも寄生虫の卵」、日本にも輸出 (Yahoo!ニュース)

韓国の食品医薬品安全庁は3日、韓国メーカー16社が生産した韓国産キムチから寄生虫の卵を検出したと発表した。
このうちの「ネゴヒャン食品」(本社・光州)は、日本にキムチを輸出しており、同庁は日本政府に検査結果を通知した。

薬を飲めば直る寄生虫みたいですけども、気持ち悪いですねぇ。まぁ、元々韓国産のキムチはわたしの口には合わないので自分ですすんで食べないですが、外で食べるときはどこのキムチかわからないですね・・・。とりあえず、輸入は停止した方がいいのではないでしょうか、安全性が確認されるまで。若しくは、「韓国産キムチを使ってます」と明記するかですね。そうでなければ、消費者に取捨する事が出来ないですし。


米国産の牛肉も輸入が再開されるようですが、わたしは食べたくないです。というか、あえて米国産牛肉を食べなければならない状況が無いです。なので、出来る限りアメリカ産牛肉は食べたくないと思っています。

たとえば、スーパーなどでお肉を買う時は「アメリカ産」などと産地が明記されているので選べますが、外食や加工品に関しては書いていない事が多いので「アメリカ産を使っています」と明記するように義務付けしてほしいですね。


ところで、アメリカは、日本産の牛肉の輸入禁止を解禁したのでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.11.01

冷たい11月。

今年もあと2ヶ月となってまいりました。仕事のスケジュールは埋まりつつありますので、生活の方もいれていかないと耐えられないかもしれないですね。とりあえず、自分の身を守っていかないといけないと思います。はぁ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »