« MAX松浦氏、赤ペン先生に朱を入れられる。 | Main | なんだかいろいろと凄いですよね。 »

2005.10.09

ちばてつや先生が韓国で「嫌韓流」について謝罪という捏造報道。

「あしたのジョー」や「あした天気になあれ」などの数々の名マンガを生んできた日本を代表するマンガ家であるちばてつや先生が韓国を訪れた際に受けた取材について韓国の新聞社に捏造されたという事件があったようです。

問題の記事です。

「あしたのジョー」の巨匠、千葉徹也氏が来韓 (東亜日報)

韓流を卑下する内容を記して問題になった日本マンガ『嫌韓流』(7月発売)についても聞いてみた。
「そのマンガについてはよく分からないが、韓国文化を悪く話してはならないと思います。日本には多様な文化が共存しており、日本人の血は中国、韓半島、アジア国家がそれぞれ4分の1で、残り4分の1だけが日本原住民です。文化を尊重して交流しなければなりません。その本はそういうことをよく分かっていない人が書いたようです。日本の作家を代表して謝罪します」

これに対するちばてつや先生のお知らせです。

東亜日報の報道について (ちばてつやホームページ)

このたび韓国を訪問し、国際イベントに日本人の一員として参加した際の新聞記事の内容につきまして、誤解を招く表現がありましたので、事実関係と補足をさせていただきます。
まず、東亜日報から取材を受けたことは間違いありませんが、「嫌韓流」という作品について、そのインタビューの席上で質問された事実はありません。
また、その記述の中に「日本の漫画家を代表して謝罪します」という表現がありますが、当然そのようなことを言う権限などありませんし、事実話しておりません。
この様なことが起こった原因として考えられるのは、滞在期間中に当該の質問を受けた、ただ一度の機会があり、それが取材としてではなく、文化交流の一環として講演をした際、ファンから質問を受ける趣向での時間帯に、一ファンからの質問として「嫌韓流」についての感想を問われたことがあり、その応対の部分的な引用をされたのではないかということです。
それに対しての回答内容は大筋、「その作品については読んだことが無いので、回答できないけれども、もし質問者が言うように一方的な視点の下に描かれたマンガ作品が、韓国の人々と文化を誹謗中傷するだけの内容で、韓国の人々の気持ちを傷つけているということが事実だとしたら、本当に残念なことだと思います。失礼しました。」という、質問者の心情と、仮定の話を前提としたものです。

なんか違いますよね。もし、この講演時の質問を記事にしたのであったとしても、前後を省略し過ぎ、誇大表現過ぎですよ。

どうしてこうなってしまったのでしょうか。ちば先生が韓国語を話されるか分かりませんが、間に入った通訳がこのように答えてしまったのか、もしくは、その質問をした「一ファン」が東亜日報の記者だったのか、んー、わかりませんな。
とりあえず、東亜日報はこの記事の当事者であるちば先生より

東亜日報の報道について (ちばてつやホームページ)

このように、混乱を招く取材方法に対しては、今回のホスト国である韓国の事務局を通して、厳重に抗議するとともに、その対応を確認しているところです。
引き続き東亜日報には、韓国の事務局を通して誠実なる対応を求めてまいりますが、この舞台となったイベントは相互交流を目的としているものであることを考慮し、今回の発表をもってご報告と変えさせていただきます。

とまで言われているので、なんらかの対応が必要だと思います。今のところ、何もないようです。


もし、東亜日報の捏造若しくは曲解である場合、東亜日報はこのような報道を行う事についてどういう意図があったのでしょうか?

|

« MAX松浦氏、赤ペン先生に朱を入れられる。 | Main | なんだかいろいろと凄いですよね。 »

Comments

My brother recommended I would possibly like this web site. He used to be totally right. This publish actually made my day. You cann't consider simply how so much time I had spent for this information! Thank you!

Posted by: how do i download free music | 2015.04.03 at 18:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12029/6317230

Listed below are links to weblogs that reference ちばてつや先生が韓国で「嫌韓流」について謝罪という捏造報道。:

« MAX松浦氏、赤ペン先生に朱を入れられる。 | Main | なんだかいろいろと凄いですよね。 »