« 心機一転、10月になるか。 | Main | 大人気ない透明感のBGMが大人気ない。 »

2005.10.02

あらら、まだまだ終わらないのか「のまネコ問題」。

ひろゆき氏の質問メールの回答期限直前にエイベックスから動きがあって、いろんなメディアで取り上げられています。

エイベックスが「のまネコ」Flash収録を中止へ 商標登録も中止依頼 (ITmedia)

「恋のマイアヒ」のキャラクター「のまネコ」をめぐる問題で、エイベックス・グループ・ホールディングスは9月30日、CDに収録されている特典 Flashムービーを今後は付けず、「のまネコ」の図形商標の登録出願を中止するよう、同キャラクターの著作権を持つ会社に依頼すると発表した。同日、この会社は商標出願を取り下げる意志を表明した。

のまネコ問題:エイベックスが商標登録を中止へ (MSN-Mainichi INTERACTIVE)

ヒット曲「恋のマイアヒ」に登場するキャラクター「のまネコ」をめぐる問題で、エイベックス・グループ・ホールディングスは30日、CDに特典として収録している「のまネコ」のフラッシュムービーを今後は付けず、同キャラクターの著作権を管理する会社には図形商標の登録出願をしないよう依頼すると発表した。
同社は自社のサイトで発表した「いわゆる『のまネコ』問題についての当グループの考え方」と題した文書の中で、問題となっている「のまネコ」について、「アスキーアートの『モナー』などにインスパイアされ、新たなオリジナリティを加えて商品化した」と従来の説明を踏襲。さらに「私たちは『のまネコ』は『モナー』とまったく別物であり問題ないと考えていたからこそ、海賊版に対抗すること等を考えてごく普通に商標登録出願をした」と悪意がないことを説明している。

それらの記事でも参照されているのが、このエイベックスからのプレスリリースで。

いわゆる「のまネコ」問題についての当グループの考え方 (エイベックス)

どうも、エイベックス側で何かしらの謝罪のようなものを考えていたようですが、その前に2ちゃんねるにて殺人予告が出た事があって態度を硬化させたようです。

「のまネコ」騒動めぐり エイベックスに殺人予告 (Yahoo!ニュース)

ネット掲示板「2ちゃんねる」に、レコード会社、エイベックス社員に対する殺人予告が書き込まれていたことが9月30日、分かった。同社が発売するモルドバ出身の3人組、オゾンが歌う「恋のマイアヒ」のキャラクター「のまネコ」をめぐり、2ちゃんねらーとの間でトラブルになっていた。同社は警視庁赤坂署に通報する一方、「のまネコ」の図形商標の登録出願中止を発表。エ社Vs2ちゃんねらーの対決はついに脅迫事件に発展した。

まぁ、収束の機会はまだ先に送られたようです。自らの過ちを認めていない上に、「のまネコ」に関しては登録出願中止にするという事ですが、「米酒」に関してはなんら触れられていませんから。


あと、上のエイベックスの文書は、企業のプレスリリースとしては稚拙な文章だと思っていたのですが、赤ペンで添削した人がいるようです。面白いです。

 のまねこ問題についてのavexの見解について赤ペン!

|

« 心機一転、10月になるか。 | Main | 大人気ない透明感のBGMが大人気ない。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12029/6215069

Listed below are links to weblogs that reference あらら、まだまだ終わらないのか「のまネコ問題」。:

« 心機一転、10月になるか。 | Main | 大人気ない透明感のBGMが大人気ない。 »