« May 2005 | Main | July 2005 »

2005.06.30

クロマティ高校がイメージ悪いのか。

クロマティは『魁!!クロマティ高校』を読んだ事がないに違いない。そう思わせる記事が出てました。

映画公開に待った 人気マンガ「クロマティ高校」 クロマティさん「名前使うな」 (Yahoo!ニュース)

七月に公開予定の映画「魁(さきがけ)!!クロマティ高校THE★MOVIE」のタイトルに勝手に名前が使われているなどとして、プロ野球元巨人のウォーレン・クロマティさんが二十九日午後、配給会社のメディア・スーツ(東京)に対し、公開の差し止めを求める仮処分を東京地裁に申請することが分かった。
代理人によると、クロマティさんは現在米国在住で、独立リーグ「サムライベアーズ」の監督を務めている。「青少年のために活動しているのに、自分の名前が不良高校の名前に使われており、憤りを感じる」などと話しているという。

不良高校って・・・あれが?確かに舞台は不良高校かもしれないけど、かなり真面目だと思うのだけど。

こういうのってシャレで通じないものなのでしょうか。こんな事で名前を変えないといけないものなのでしょうか。「あなたの名前ではありません。」とか言えるといいんだけど、他の高校名もあるし、容易に連想しますよね。バースやデストラーデが擁護に回ってくれないかと淡い期待を。言いたい気持ちも少しはわかりますよ。


あと、こういう場合って、

メディア・スーツの話「担当者がおらずコメントできない」

コメント出来ないというコメントっていいのか?


--2005/07/15 追記--
一応、仮処分申請は取り消しみたいですね。よかった。しかし、まだ民事でやるって言ってるぅ。何が目的なんだろう。

クロマティ氏側が取り下げ 「無関係」字幕条件に
(Yahoo!ニュース)

23日から公開される映画「魁(さきがけ)!!クロマティ高校THE☆MOVIE」に無断で名前を使われたとして、プロ野球の元巨人選手ウォーレン・クロマティ氏(51)が、配給元のメディア・スーツ(東京)に公開差し止めを求めた仮処分申請で、15日、双方の意見を聴く審尋が東京地裁であった。
クロマティ氏側は、映画の冒頭で実在の人名とは無関係との字幕を追加することで合意、仮処分申請を取り下げた。ただ、名前が原作漫画や映画で使用されることを許諾したわけではなく、今後正式な民事訴訟を起こして争うとしている。

というか、アレを実在の人物と混同する人間がいるのか、と。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.28

奥崎謙三氏、死去。

あの「ゆきゆきて、神軍」の奥崎謙三氏がお亡くなりになられたようです。ご冥福をお祈りします。

映画「ゆきゆきて、神軍」の奥崎謙三さん死去 (asahi.com)

奥崎 謙三さん(おくざき・けんぞう=元日本兵)が16日死去、85歳。自宅は神戸市兵庫区。
元日本兵が上官らの戦争責任を追及するドキュメンタリー映画「ゆきゆきて、神軍」(87年、原一男監督)の主人公などとして知られていた。
兵庫県出身。太平洋戦争中、ニューギニア戦線に陸軍1等兵として従軍。戦後は神戸市内で自動車部品販売業を営む一方、天皇や旧陸軍時代の上官の戦争責任を問う過激な言動を繰り返した。

この記事の中の元日本兵って記述・・・うちのおじいちゃんも含めて80歳以上の老人のほとんどはそうじゃないですか。あえてそう書いたのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.25

トラックバックの価値の低下。

このblogにもたまにトラックバックをくれる人がいて、一応、どういう記事(人)から貰ったのだろうと、一度くらいは見に行く事があります。そうすると、最近はアレですね。こちらの記事について一言も触れていない場合が多いですね、ただ単に広告トラックバックを打っているというのか。こうやって、トラックバックの本来の意味も薄れてきて、消費されていくのでしょうね、仕方が無いのか。(トラックバックについてのわたしの考えは前に書きました。)

前回のWinnyの記事に対してもらったトラックバック先を見てみると、触れずにはいられないので、触れる事にしました。

情報漏洩 (芹花殿の悲しげな日記)

それにしても、
「データを社外に持ち出してはダメ!」
「社内にデータを持ち込んではダメ!」
これじゃあ、何の為のインターネットだか。

という事を書いていてこれだけでは少し読み違えてしまいそうですが、次に

インターネットによって、どんどん便利な世の中になるはずが セキュリティを厳しくするあまりに、不便になっていくという 状況になってますね。

こう書いているので、何が言いたいのかはだんだんと分かってきて、おかしいと思う人もいると思います。少なくともわたしの頭の中は「?」が浮かんでいました。

まず、

「データを社外に持ち出してはダメ!」 「社内にデータを持ち込んではダメ!」

という事ですが、データというのが何を示しているのかあまりわかりませんが、社外に持ち出す内容によっては個人情報の保護に関する法律や不正競争防止法に抵触する場合があります。その場合に、それを犯した個人だけではなく企業も罰せられる可能性がありますから、そのようなリスクを抑えようとするとは企業としては当たり前だと思いますし、管理を行うのは法律によって定められた義務ですから。

また、Winnyは開発者が逮捕されて以来、更新されておらず、社会的信用に対する高い攻撃力を持つウィルスがはびこっている事もあってWinnyを動かしているだけでリスクの高い事をやっているという事になります。そういう状況を認識して、そのパソコンで自分の業務上の情報を持ってきて仕事をする人がいるのでしょうか。判断力が低下しているとしか思えません。もちろん、インターネットに接続しているというだけでそのパソコンの安全性はかなり低くなります。世間にはWinny以外の危険性も蔓延っていますからね。

更にこのように言ってます。

インターネットによって、どんどん便利な世の中になるはずが セキュリティを厳しくするあまりに、不便になっていくという 状況になってますね。

確かにインターネットは情報共有のコストダウンやスピード化も含めていろんな便利さを世の中にもたらせたかもしれませんが、これまでになかったような危険性を与えているのも事実です。また、そんな危険性の近くにある個人のパソコンが安全であるとだれが証明出来るというのでしょうか。その個人が所属している企業がそれを確認できます?出来ませんよね。そうはならないという状況下では、企業が事故を未然に防ぐ為にいろいろな対策を考える事は自然の成り行きで、その一つとして、情報を持ち帰らせないという事は当たり前でしょう。それが正しく行えていない場合にはYahoo!BBのように多大な損害を受ける事になるか、最悪の場合、企業は倒産するかもしれません。(その場合の回答の1つとしてリモートアクセスなのかもしれません)


と、書いてきて、お互いの立ち位置が違うのであれば、こうも違ってくるのも仕方が無いのかもしれないなと思い始めました。インターネットの利便性が一番なのか、安全性が一番なのかという事ではないか、と。とりあえず、このくらいで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.23

いまだにWinnyによる漏洩ですか。

Winnyで原発関係の内部資料が共有化されてしまったようで問題になってます。

<原発情報流出>「ウィニー」のウイルス感染でネット上に (Yahoo!ニュース)

北海道電力泊原発や九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県)などの機密情報がネット上に大量に流出していることが22日、毎日新聞の調べで分かった。定期検査の工事報告書や定期修繕工事の作業要領書など、「商業機密」「商用機密」と表記されたデータが多く、トラブルの記載や定検時に原発内部で撮影した写真のほか、作業員名簿、宿泊場所を明記した文書も含まれていた。また火力発電所のトラブルを電力会社に隠すことを打ち合わせたともみられる文書もあった。01年の米同時多発テロ以降、警備が強化される原発の内部情報漏えいだけに、核防護上も大きな議論を呼びそうだ。

どういう経路で漏れたかはこれからの調査なのでしょうが、きっと例のキ○タマ ウィルスの仕業なんでしょう。こういう危険なウィルスがはびこっているのにWinnyってまだ使う人いるんですねぇ。

少なくとも家で仕事をしたい人は、Winnyをしないか、仕事をするPCではWinnyをしないかという選択をしましょう。そうでなければ、これからもどんどん漏れてしまいますし、こういう重大な漏洩が続くともっと大きな規制がかかってくるかもしれません。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

2005.06.22

ふざけるな、税調。

今朝から結構このニュースが大きく取り上げられてます。

<政府税調>サラリーマンにとって増税色の濃い報告書を発表 (Yahoo!ニュース)

政府税制調査会(首相の諮問機関、石弘光会長)は21日、個人所得課税のあり方をまとめた報告書を正式発表した。給与所得控除や配偶者控除をはじめとする各種控除の整理・縮小が柱で、特にサラリーマンにとっては増税色の濃い内容だ。実施時期については、今後の消費税の引き上げ議論の行方をにらみ、「経済情勢も踏まえて段階的に」との表現にとどめた。国から地方への税源移譲は06年度税制改正で実施することを明記。このため、税源移譲に伴う所得税と個人住民税の税率変更は07年から実施される見通しだ。

 ◆個人所得課税に関する報告書の概要◆ ・給与所得控除を縮小。特定支出控除の対象を拡大 ・自営業者の記帳義務強化。概算控除制度の導入検討 ・納税者番号制度の導入検討 ・退職金への課税強化 ・配偶者控除、特定扶養控除の縮小・廃止 ・子育て支援で所得税の税額控除 ・個人住民税の均等割り(4000円)の引き上げ ・所得税と個人住民税の税率変更 ・公示制度の廃止検討

消費税改革の後の所得税改革のようですが、消費は冷え込むし、景気は落ち込むのは簡単に予想できるのですが、どこまで本気なのか。

税調の会長は

各種控除の見直しが“サラリーマンいじめ”との見方について、石会長は同日の会見で「この国を支えるには、サラリーマンに頑張ってもらうしかないというメッセージを送りたい」と発言。

と言ってるみたいですが、所得に対する税率が高まればやる気を失うと思いますが。

というか、所得税無くして消費税一本にすればいいのです。所得に税をかけるからやる気が無くなるのですよ。でも、基本的には財政赤字ならば支出を抑えるのが当たり前だと思いますが、いつまで赤字国債を発行して借金を増やしているのかと。あんたが死ぬまではそれでいいのかもしれないけど、本当にそれでいいのか。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2005.06.19

火星の夕焼けは青いらしい。

NASAが火星に送っているスピリットから火星の夕焼けの写真が送られてきたみたいで、その写真がNASAで公開されています。

 夕焼けの写真

わたしは青い光が落ち着くので、こういう夕焼けが毎日見れるととてもいいでしょうね。

火星の「青い」夕暮れ…NASAが画像公表 (YOMIURI ONLINE)

米航空宇宙局(NASA)は、火星探査車スピリットの高解像度カメラが撮影した珍しい火星の夕暮れの画像を公表した。
地球の夕焼けと異なり、青みがかって見える。
NASAジェット推進研究所などによれば、夕空が地球のように赤く見えないのは、火星大気には粒の粗いちりがたくさん含まれ、赤い光が届くのをじゃまするため。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新入社員が使えないという話。

一応、IT業界に属する企業に属しているわたしですが、最近、先輩や同業者らと話をした時によく話題になるのが、新入社員が使えないということ。具体的にどういう事かというとこんな感じです。

 ・同じ質問を何度もする。(酷いのになるとぬけぬけと「これ、さっきも聞いたんすけど」とか言う。)
 ・応用力が無い。(Aな事が分かった後にA'な事がなかなか理解出来ない。)
 ・学生のノリが抜けない。(飯を食う。大声を上げて笑う。女子社員を持ち上げる。全て就業時間に。)
 ・分からない事を聞かない。(それを同じように分かってない同期に聞く。)
 ・言われた事以外はやらない。(指示された事も出来ない事がありますが。)

他にもいろいろ細かい事があったような気がしますが、こんなところにしておきます。わたしも正直思う事はあるのですが、そういう話になった場合に次のような事を言うようにしています。

「自分が新入社員の頃はどうでしたか?」
「そう思ってるなら、本人にどうして言ってあげないんですか?」
「新入社員が使えないのは当たり前じゃないですか?」

別に新入社員をかばうつもりもないのですが、そういう人たちが使えないままにしておくのはすでにいる先輩の責任だと思いますし、そうしてあげないのであれば、辞めさせてあげた方が優しいと思うのですけど。というか、関わりを持ちたくないって思ってる人もいるようです。何を言っても無駄とか、諦めてしまって。確かに最近の新入社員は「社会人とかそれ以前の問題」がある場合もありますけども・・・。

でも、思わないといけないと思うのは、そういう社員がいると経費の無駄使いになって、会社の利益を無駄に使う事になり、その結果として自分のボーナスも減りますし、会社だって潰れてしまうかもしれないですよね、ここまでいくと極端ですが。そうしたら、何もしないということは自分の場所を守る為にはダメなんじゃないかな、僕は思うのですよ。(サンボマスター調に読み上げて)

そんなお悩みの同業者の方、次のリンクの記事を是非お読み下さい。

 新人はここが分かってない!(前編) (@IT)

 ITエンジニアを続けるうえでのヒント (@IT)

まぁ、期待しないで根気良く接するのがいいと思います。期待するだけ裏切られ腹が立つでしょうから。初めから期待しなければ、腹も立ちません。若しくは、恐怖で支配するか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.08

中国 vs インターネット。

こういうニュースが出てまして、やはり

( ´_ゝ`)フーン

って感じだったのです。が、どこまでいけるかも興味があるところではあります。

中国、Webサイトとブログを登録制に――非登録サイトは閉鎖へ (Yahoo!ニュース)

国境なき記者団は6月6日、中国政府は正式登録されていない国内のWebサイトとブログを閉鎖させるつもりだとして警鐘を鳴らした。同国政府はリアルタイムでサイトを監視し、非登録サイトを特定する新システムを有していることも明らかにしたという。
同団体によると、中国情報産業部は3月に、同国に本拠を置くWebサイトはすべて、6月30日までに登録し、サイト責任者の完全な身元情報を提出しなくてはならないと通達した。「国家を危険にさらす」情報を規制することが目的だという。

こういう事をすると、大多数は諦めてしまうのかもしれませんが、中には諦めない人も出てくるでしょうね。そういう人たちがFreenetやWinnyなどを使って逃れていくのでしょう。それはいいのか、若しくはすでにこれらの既知のソフトはブロックされているのか。

よくわからないですが、日本で内容に関係なくWebサイトが誰でも作成出来るのは幸せって事ですね。


ネタ:中国のヤフーはこんなこともする

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.01

愛子さんblog始動!Yahoo!に配慮される?

寝る前のニュースチェックを行っていると、Yahoo!ニュースに次のニュースがあってびっくりしました。

上村愛子がブログデビュー~トリノへの意気込みからプライベートまで (Yahoo!ニュース)

Woman.excite(ウーマン・エキサイト)に、2006年トリノ冬季オリンピックでメダル獲得の期待がかかるフリースタイルスキーの上村愛子選手の公式ブログ「上村愛子 オフィシャルブログ」がオープンした。

上村愛子さんもblog開始とは・・・ これは、眞鍋かをりさん並に人気を集めそうです。

わたしも長野オリンピックからのファンですので、早速見てみようとおもってYahoo!のこのニュースからアクセスしてみると、次のような見慣れない画面が表示されました。

aiko_yahoo

Yahoo!ニュースからのリンクで相手先が重くなってもこのようなメッセージが表示される事はなかったのですが、これはYahoo!の心遣いなのでしょうか。
でも、このように出てしまうと何度もクリックしてしまうのは、人間ですね。
(クリックするとオリジナルサイズで表示されます)



何度かのトライの後に見えたblogは、まだ記事は少しですがこれからが楽しみに思う、そんなページでした。コメントも記入出来るようです。なかなかこの手のblogでは珍しい気もします。荒れませんように。

 上村愛子のRoad to Torino

| | Comments (0) | TrackBack (0)

湿気た6月は重い。

もう6月になって今年も半分が過ぎようとしています。日々の内容の薄さはどんどん薄くなっていて、毎日を過ごすスピードが加速しているような気になります。

6月といえば、湿度の高い過ごしにくい毎日。スーツでも新調しようかと思うくらいです。仕事的にはぼちぼちというところで、特に大きな動きはなさそうですが、トラブルの収拾役としての期待が高まりそうな気がします。

生活の面では、いろんなアクションをしていきたいと思います。久しく会っていないことですし。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »