« January 2005 | Main | March 2005 »

2005.02.27

セクハラするのはケチな人。

わたしはなんでもかんでも「セクハラ」という言葉を使うのはあまり好きではないのですが、これは完全にセクハラですよ。

大阪の解放同盟幹部らがセクハラ
(Livedoorニュース)

部落問題を中心に差別撤廃運動に取り組む部落解放同盟大阪府連(松岡徹委員長)の男性幹部ら2人が昨秋、女性を名指しして性的な侮辱発言を繰り返すなど、セクハラ行為をしていたことがわかった。女性の訴えに、2人は苦痛を与えた事実を認めて謝罪。

謝罪で終わっちゃうんですかね、被害者の女性が納得の上であれば、問題はないでしょう。

しかし、アレですね。その内容ってかなり過激ですよね、これって人として、どうかじゃないですか。

前支部長が、同席していた別の人権団体の女性職員を名指しして「○○さんのヌード写真を撮って売り出そう」「(支部の)資金を稼ぐためや」などと繰り返した。女性は抗議したが、2次会でも「きょうは○○さんの自尊心をぼろぼろに傷つけたろうと思っとったんや」と発言したという。
一緒に参加していた現支部長も、2次会で女性の年齢に触れて「この年では、もう売り物にならんな」などと嫌がらせ発言をしたという。

自尊心をぼろぼろに・・・ えっと、なにかのプレイですか、前支部長さん?そして、現在の支部長まで・・・ この組織の支部長になれる必要条件がセクハラである事なんですかね。そのような性癖でそのような事がしたいなら、ケチってないで、そのような事が許容される風俗やサービスに自分の金でお逝きなさい。


府連は「人権団体としてあってはならないこと。真摯(しんし)に受け止め、対応する」としている。

本当にそう思っているなら、自浄作用がある事を見せましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リーマンつながり。

ここ最近の話題としては、やっぱりライブドアvsフジテレビ問題でしょうか。昨日行った床屋のおっさん(非IT系)にも「君はライブドアのホリエモンのようにはならないのか?」と軽く煽られ、「いやいや、芸人になるつもりはありませんよ。」とこちらも軽く返しておきました。

そんな業界外の人にも知られるようになったホリエモンとその仲間たちの会社「ライブドア」ですが、そのライブドアがニッポン放送の株を買う為に金を借りた先が「リーマン・ブラザーズ証券」なのは周知の事実のようです。
そのリーマン・ブラザーズ、この問題で名前を聞いた時からどこかで聞いた事があった名前だなぁと思っていたのですが、今日、それがつながりました。

「すき家」が、なか卯買収 牛丼大手で初の再編 (Yahoo!トピックス)

大手商社の双日は26日、発行済み株式数の約51%を保有する大手牛丼チェーン「なか卯」の株式のうち約33%を、同じ大手牛丼チェーンで「すき家」を展開するゼンショーに売却することを明らかにした。28日に発表する。

このニュース自体もびっくりなのですが、これがどうつながるのか。それはこのニュースを見てもらったら分かると思います。

UFJ銀、双日に金融支援方針 自主再建へ2千億円規模 (asahi.com->googleキャッシュ)

経営再建中の総合商社6位、双日(そうじつ)(今年4月にニチメンと日商岩井が合併)を傘下に収める持ち株会社・双日ホールディングスに対し、主取引銀行のUFJ銀行が、2000億円規模の金融支援を実施する方針を固めた。
(中略)
双日は、03年4月に持ち株会社方式で経営統合したニチメンと日商岩井が今年4月に合併して発足。これに先立つ03年5月には、財務基盤強化のため、UFJのほか米投資銀行・リーマンブラザーズなどを引受先として総額2730億円の増資を実施した。有利子負債を減らしつつ、双日発足に合わせて重複部門を削る合理化も進めた。

リーマン・ブラザーズより資本を得た双日が、今度は手持ちの資産をゼンショーに売却。点と点がつながりましたね、つなげたところでなにもないのですけども。


そういえば、リーマン・ブラザーズって本店はケイマン諸島なんですね、あこがれー。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.02.26

教師の鑑である。

先日、Yahoo!トピックスに元野球選手がポルノ販売で逮捕されたというどうでもいいニュースがあがっていたのですが、それが発覚した原因はこれのようですね。

元ヤクルト投手の児童ポルノ事件、発覚したワケ… (ZAKZAK)

児童ポルノ販売で元プロ野球選手らが逮捕された事件で、捜査の端緒となったのは、奈良県の男性高校教諭が寄せた情報だったことが24日、わかった。教諭はロリコンサイトをネットサーフィン中、卒業生のH映像を発見、「卒業生がビデオに出ているようだ」と奈良県警に相談したという。
 教諭は昨夏、趣味でロリコンサイトをネットサーフィン。たどり着いたサイト内にあった商品ソフトのサンプル映像をダウンロードして鑑賞したところ、教え子の少女を発見した。教諭は、ロリコンサイトをネットサーフィンしていた恥をしのんで、「どうもうちの卒業生がビデオに出ているようだ」と県警に相談したという。

性癖がどうこうという事はともかくとして、とてもえらい先生ですね。相談する前は自分の立場も考えたでしょうし。もしかしたら、職を追われるかもしれませんしね。こういう事がある場合、先生がロリコンだった事にも注目されて断罪されるケースが多いですから。

しかし、それでいいのでしょうか。

人間、だれしも他人に言えない後ろめたいことってあるでしょう。この先生はそれが性癖だったわけですが、実際どの程度の性癖なのかしりませんが、写真やビデオやマンガを見て処理出来るのであれば、問題ないのではないでしょうか。

そういう目で自分の子供が見られるのはいやだという感覚もあるでしょう。ただ、そういう目で見てるかどうかなんて、そういう性癖が無かろうが有ろうがわかりませんよ。わからないから規制しますか?教師になる前に性癖チェックでもしたら安心ですか?それ以上になにかしたら安心ですか?結局、そういうすべてをすり抜けてくる輩の方がわたしは危険だと思います。

人間、誰しもが矛盾を抱えて生きているのです。自分の欲望、社会的な立場、家庭の環境、アイデンティティ・・・
この教師がどういう気持ちで考えで通報したのかはわかりませんが、結局、私よりも公を取ったという事でしょう。わたしはこの先生の決断を支持します。


論理的に、こういう先生がその商品を買うから、このような商売の被害になる子供が発生するのだという論法もあろうかと思いますが、それはここで述べている事とは全く違うものですから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.24

ビジネスにソーシャル ネットワーキングは有効か。

ソーシャル ネットワーキング サービス(SNS)というのが日本でも定着しつつあって、mixiなどは利用者数が30万人を超えたとか。そんな中、ビジネスに特化したSNSが登場したというニュースが出ていて、早速内容を確認してみました。

 ビジネス専用SNS PowerLink

正直なところ、サービスの内容が全然分からないのですけども・・・。わかるためには年会費が発生するビジター会員にならなければならない。わからないまま、個人情報の登録と決済をさせられる・・・ こういうビジネスもあるんですね。

ただ、いろいろと読んである程度わかったところは、mixiとかとは違うのは、お金を積んだら会員になれるというところでしょうか。という事は、通常SNSではすでに会員になっている人から招待される事でそのネットワークの一員になれるのですが、そうやって入ってきた人よりもそういう過程を踏まない人が多くなるという事もありえるってことですよね。そうなった場合、それってソーシャル ネットワークなんでしょうか。

このサービスはこういう点で自分のサービスには価値があると説明しています。

あなたが進行中、または企画中のプロジェクトにとって必要な情報を持っている誰かにアプローチする場合、あなたならどんな方法をとりますか。社内の誰かに相談してその分野に近い人を探す、インターネットでその分野に明るい人の創ったページを見る、学生時代の友人をあたる。でも、Powerlink ならその分野のスペシャリストを簡単に検索しプロフィールを表示。知りたい人と知っている人を瞬時に結ぶ。それも Powerlink のチカラです。

これは本気で言っているのでしょうか。例えば、mixiでもやった事がある人は実感があるかもしれませんが、認識ない人から相談がつらつらと書かれたメッセージを送られたとしても、それに真摯に答えてもらえるでしょうか。また、逆にそういう事になりふりかまわずに出来るでしょうか。(mixiでいうなら知らない人からのマイミク登録に近いのかもしれないですね)
友達の友達ならまだ聞く事が出来そう、でも、全く知らない人なら?少なくともわたしはこういう思考をします。

きっと親切に自分の知識をシェア出来る人をどれだけ多く確保するか、ということでなりたつネットワークなのでしょう。(その好意に甘える人、続出の予感が)
少なくとも、現時点では、わたしにとっては価値が見出せないですね。どういう業種の人が集まっているのか、どれだけレベルが高い話が出来るのかも謎ですしね。そのあたりが克服出来れば価値が出てくるのかもしれませんな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.23

試験の脆弱性に対する責任を他人に擦り付ける英検。

英検の問題は2ちゃんねるに流出したというニュースが出てました。それも試験中だったようで。「どうして試験中に?」と思ったらこういう事のようです。

英検面接問題、試験中「2ちゃんねる」に流出 (Yahoo!ニュース)

文部科学省所管の財団法人「日本英語検定協会」(東京・新宿)が今月20日に実施した英検の2次試験(面接)のうち、2級の問題内容が試験時間内にインターネット上の掲示板「2ちゃんねる」に流出していたことが、22日分かった。
同協会によると、受験生が試験会場に集合する時間は面接の時間帯に応じて、午後1時と午後2時に分けていた。協会は、こうした時間差の解消や、会場での携帯電話使用の制限などを検討するほか、他の級でも同様の流出がなかったかの確認を急ぐ。

これは時間が違う実施の試験に同じ問題を出題しているという事がそもそもの問題ではないのでしょうか。というか、これと同類の事は他の試験でもあったはず(たしかなにかの模試だったと思います)で、何故にそういうところから学ばないのかがわたしはとても不思議に思いました。更には、試験を主催している日本英語検定協会はこう言い出す始末で。

「2ちゃんねる」の管理者に抗議する方針。

ひろゆきさんに抗議したところでどうなるというのでしょうか。2ちゃんねるに限らず情報共有のツールはさまざまあって、それで共有されては終わってしまうという試験自身が終わっているわけで。情報共有に係るコストの低下とスピードの速さについていけていない事を自ら暴露しているのでしょうか。
根本的には試験の仕組みに脆弱性があるのです。それをつくツールをどれだけ責めて潰したとしてもいたちごっこは続くのです。そういう覚悟が協会にはあるというのでしょうか。

こういう事が試験の価値を下げているという事をもっと協会は重要視して、ひろゆきさんに抗議する暇があったら、次回以降の試験方法をもう少し考えてみてはどうでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.02.20

IC付きキャッシュカードは安全なのか。

近年、銀行や郵便局のキャッシュカードが偽造されてお金を下ろされるという事件が多発しているようですが、その中でわたしのメインバングであるUFJ銀行ではいち早く偽造されにくいICチップ付きカードへの乗り換えを無料で行うという事を表明して話題になっていました。

1ユーザであるわたしはこれを確かめずにはいられませんでした。早速、UFJ銀行のWebサイトを見ると次のページにICチップ付きキャッシュカードについて説明がありました。

オールワンICカード (UFJ銀行)

オールワンICカードは、従来のオールワンカードに演算処理装置(CPU)つきのICチップが埋め込まれたキャッシュカードです。

これの内容を読むと、ICチップに対応したATMではICチップ内情報を使った高セキュリティな取引を、ICチップ非対応ATMと他社ATMでは磁気部分で今までどおりの取引が出来るという事が書かれています。

・・・ちょっとまてよ。

それじゃあ、磁気部分だけを偽造して他社ATMで引き出せば同じ問題が発生するじゃないか、と。

そうなんです、ICチップ付きキャッシュカードも偽造出来るんです、磁気部分のみだけど。なので、これだけでは磁気情報盗まれて、偽造されて、お金を引き出される事は無くなりません。

じゃあ、何故これが事件に対しての対策になりえるのか。その答えは、このICチップ付きキャッシュカードに付与される「オールワンICカード利用限度額サービス」というサービスがそれに該当するようです。

●オールワンICカード利用限度額サービス(以下、ICカード利用限度額サービス)
・ ICカードの高いセキュリティと利便性を兼ね備えたサービスです。
・ 当行のICカード対応ATMでは通常どおりのお取引き(お引出し、お振込み、お振替え)が可能です。
・ それ以外のATM(他行ATM・当行ICカード未対応ATMなど)をご利用の場合は、あらかじめお申出いただいた、1日あたりの利用限度額(例えば10万円)を超えた出金(お引出し、お振込み、お振替えそれぞれについて)を制限いたします。
→これにより、キャッシュカードの磁気部分を狙った不正な取引きによる被害を抑制します。

抑制が目的なんですね、なるほど。というわけで、スキミング防止の為にIC付きキャッシュカードに切り替えても、この利用限度額というのを設定しなければ、なんら問題の解決にもなりませんので、身を守りたい人はそのあたりの設定をお忘れなくしましょう。わたしは早速3月になったら乗り換えてみようと思います。


そんなUFJ銀行は愛・地球博応援しているようです。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

2005.02.03

桜玉吉、復活祝い。

昔、『週刊 ファミ通』が隔週の発行で、ファミコン通信と呼ばれていた頃、わたしは数あるゲーム雑誌の中でも『ファミ通』を買って読んでいた理由として、吉田戦車の『はまり道』と桜玉吉の『しあわせのかたち』が掲載されていたからに違いないと今更ながら思います。ゲーム雑誌なのに、マンガが理由・・・(あと、ゲーム帝国も理由の1つかも・・・)

その後、数年してファミ通は毎週発行されるようになり、吉田戦車のマンガが無くなり、桜玉吉のマンガが無くなって、読む理由を失ったわたしは、月刊コミックビームに掲載された作品を単行本で追うようになってしまいました。

 防衛漫玉日記
 幽玄漫玉日記


というわけで、あまりリアルタイムにわからないのですが、その桜玉吉が入院していて、一昨日無事に退院されたようです。つい、昨日、単行本を買ったばかりでしたので、結構吃驚しました。

桜玉吉、無事退院 (たけくまメモ)

昨日無事、退院したようです。さっき電話をかけたら彼にしては珍しくハイテンションで、いかに入院生活がアドベンチャーで面白かったか、とうとうと語ってくれました。ゆうに単行本一冊は描けるネタを仕入れたらしいですよ。 来月あたりのコミックビームから怒濤の病院ネタがはじまるはず。ファンは期待しよう。

というわけでかなり期待。この人のレポマン(レポートマンガ)はかなり面白くて大好きなのです。(自動二輪とかアニメ専門学校とか) ひさしぶりにコミックビームも買ってみよう。


御緩漫玉日記 (1)
桜 玉吉
エンターブレイン 2005-01-31
売り上げランキング : 12
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

たけくまさんの言うとおり、初心者はきつい(前後が分からない)かもしれませんね。あと、エロいし・・・。

| | Comments (61) | TrackBack (0)

2005.02.01

2月は冷たい息を吐いた。

結局、先月からの風邪をまだ低調にひいていて、熱が出ていないだけマシという状態が続いています。春までこのままの予感。

あと、先月はとても忙しくて、ここの更新頻度も少なかったのですが、その反動でストレスが凄く、それの発散に散財したのも先月でした。

今月は倹約令を発令してなんとかこなしたいですね。あとは勝負をそろそろ出来るようにしていかないと。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »