« こんな迷惑な事はなかなかないでしょう。 | Main | わたしが「ぼく」だった頃。[第1話] »

2004.08.26

1人ぼっちの偉(異)業。

「人間、やる気になったら何でも出来る」と言いまして、1人であってもやる気になれば大抵の事はやれてしまう、わたしたち人間ですが、それを犯罪率を1人で上げてしまうという事に使ってしまう人もなかなかいないでしょう。

小国の犯罪率、一人で押し上げ?--器物損壊容疑、再逮捕のパンク男 /山形 (Yahoo!ニュース)

町の犯罪率を一人で押し上げ?――。千枚通しを使用し、車のタイヤをパンクさせたとして23日に器物損壊容疑で再逮捕された小国町兵庫舘、ダンプ運転手、渡部哲治容疑者(55)が、他にも同様の手口による事件を起こしたと認めていることが25日、分かった。同町は、犯罪率が1~7月で山形市に次ぐ県内2番目の高さだが、同期間にあった刑法犯の認知件数70件の半分がタイヤをパンクさせる事案。小国署では、その多くで渡部容疑者が関係した疑いがあるとみて追及している。
県警のホームページによると、小国町は犯罪率(人口1000人当たりの刑法犯の認知件数)が、1~7月で山形市の7・3件に次ぐ5・8件だった。
県警刑事企画課などによると、1~7月に、同町だけを管轄する小国署の刑法犯認知件数は70件(昨年同期23件)で、そのうち35件(同5件)が器物損壊事件。この35件のほぼすべてがタイヤをパンクさせる事案だったという。

そのパワーを別のところで使わないとー。

こう、未来ってのは、人の余ったパワーで発電とか出来る機械が発明されたりするもんじゃないんですかねぇ。とりあえず、Dr.中松に期待!!

|

« こんな迷惑な事はなかなかないでしょう。 | Main | わたしが「ぼく」だった頃。[第1話] »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12029/1285998

Listed below are links to weblogs that reference 1人ぼっちの偉(異)業。:

« こんな迷惑な事はなかなかないでしょう。 | Main | わたしが「ぼく」だった頃。[第1話] »