« June 2004 | Main | August 2004 »

2004.07.31

すっきり!すっきり!すっきり!

だいぶ前に見たもので、思った数値をあてる水晶というのがありました。

 その水晶(flash)

やり方としては英語を読めば分かりますが、次のとおりです。
 1.10から99の2桁の数値を選びます。(例:45)
 2.一の位の数値と十の位の数値を足して元の選んだ数値から引きます。(例:45-(4+5)=36)
 3.右の表からその数値のマークを覚えます。(例:36)
 4.そして、水晶をマウスでクリックします。
すると、水晶にそのマークが表示されます。

これを見たとき、何度やっても当てられてしまうので、不思議だなぁと思っていたのです。その時にタネに関しては深く考えなくて、選んだ数値を計算しているところが怪しいなぁと思いつつ、とりあえず、ローカルに保存したりしていました。

それからすっかり忘れていました。

わたしがたまに見に行くサイトで、このココログ中にある『悪徳不動産屋の独り言』というblogがあります。このblogは、管理人であるpoohpapaさんのいろんな体験談とその時の行動や考え方がうまく書かれているのですが、その考え方がとても鋭くて面白く見させてもらっています。経験豊富な人の体験談というのはいろいろと勉強になりますよね。そう、勉強させてもらっています。ここで言っても仕方が無いですが、ありがとうございます。

その『悪徳不動産屋の独り言』にこういう記事がありました。

心理の応用 (号外) (悪徳不動産屋の独り言)

自分でもどこから辿り着いたのかよく覚えていないのですが、下記のネット手品が、人間の心理を実に上手く捉えていて興味深かったのでご紹介します。と言っても、例によって、皆さん既にご存知かも知れませんが(笑)
「消えるカード」というもので・・・・・

内容はこの記事を読んでもらうとして、この『消えるカード』に見事に騙されてしまったわたしですが、この記事のコメントを読んでいると、昔みた水晶に関しての記載をしている方がいました。おお、懐かしいではないかと思っていると、その仕組みも解明されていました。なるほど、そういう事だったのか!! (仕組みの解明に関してはそのコメントを見てください。)

あの時の疑問が今になってすっきり!すこしいい気分です。

# 好きなblogにトラックバックを送るのはなんだか甘酸っぱいですね。あはっ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

流石は『めちゃイケ』。

『ダウンタウンのごっつええ感じ』終了後、わたしが唯一のバラエティ番組だと思っているのが『めちゃX2 イケてるッ!』 (以後、めちゃイケ)です。お金のかかり方も違うと思いますが、他のバラエティ番組がものすごくつまらないものに見えてしまうくらい面白い番組ですよね。

そんな『めちゃイケ』がまたやってくれました。それが、先日放映していた『27時間テレビ』です。

『27時間テレビ』自体は全て見ていたわけでもなく、だらだらと見ていて、例年以上は面白かったと思っていました。よかったのは、その後です。

番組内では極楽とんぼの加藤浩次が100kmマラソンに挑戦するという企画があったのですが、あと10数kmを残して番組は終わってしまいました。

わたしはこの時点で「後日、『めちゃイケ』でこの様子を流すんだろうなぁ」と思っていたのですが、今日、トミーズの雅も『せやねん!』で言っていました。(という事は雅と同じレベルということか・・・) そして、今日が『27時間テレビ』後初めて『めちゃイケ』の放送。

やはり予測どおり、加藤のマラソンについての舞台裏の密着レポートで、放送後も走って深夜にフジテレビにたどり着いたところまででした。到着するとナインティナインや中居くんやめちゃイケメンバーが待ち受けていて労をねぎらっていました。そこでの少しの笑いもあって、そこまで感動っぽい流れを一気にお笑いに持っていって終了。うまくまとまっていましたってえらそうですね。

こうやって舞台裏を見てしまうとそこで働くスタッフが見えてしまうわけですが、そのスタッフが熱いということがとてもよかったですね。加藤の周りも常に走っている人がいたし、同行のアナウンサーも車に乗っていたのが自転車に乗って、最後には歩いていました。また、加藤がフジテレビに帰ってくると深夜なのに大勢のスタッフがいて出演者を大きく囲んでいました。そういうのがとてもよかった。ホームページを見てもみんなで一所懸命に創ってるって感じがしますしね。出演者とスタッフにこんなにパワーがあれば、まだまだ『めちゃイケ』の独占状態は終わらないでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.30

わたしはむしろ逆で。

都内の地下駅、スプリンクラーを義務化 (Yahoo!ニュース)

地下駅の利用者を火災から守るため、東京消防庁は29日、東京都内にあるすべての地下駅について、スプリンクラーを設置するよう、鉄道事業者に罰則付きで義務づけることを決めた。
現行の都火災予防条例は、地下3階まではスプリンクラー設置を義務づけておらず、都内の地下駅の8割以上は規制の対象から外れている。同庁は完全設置をめざし、9月に開かれる都議会に条例改正案を提出する方針だ。
全地下駅を対象にスプリンクラーの設置を義務づける条例は全国で初めて。

ついてなかったのかと、逆に驚いた。てっきり義務で付いているものだと思っていました。というか、これは東京の条例なので、他はどうなのかと・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.29

子供にはプライバシはないと。

海の向こう側、韓国でGPSで居場所を追跡出来る携帯電話が発売されたようです。

韓国で子供の居場所を追跡する携帯電話登場 (ITmedia)

韓国の保護者は、新型の子供向け携帯電話に付属のデバイスを使い、子供の場所を把握できるようになる。韓国最大のキャリアであるSK Telecomが7月28日に発売したカラフルな携帯電話には、GPSネットワーク採用の追跡装置を組み込んだ人間の耳のような形のアンテナが付く。

犯罪に巻き込まれた場合などの緊急を要する状況であれば有効な機能だとは思いますが、そういう状況ではない大半の時間では不要な機能であると考えます。親から「付き合うな」と言われている友達のところに行っていてもバレるわけですしねぇ、プライバシ侵害ですよね。子供は親から扶養されているからプライバシはありませんか?

GPS技術は電源をオフにしていても、機能するという。

電池抜く子供がいっぱいでそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.28

10,500円ハイカも廃止の意向。

ハイウェイカード(ハイカ)を廃止する方向があるようですね。

<道路公団>ハイウェイカードの廃止検討 偽造問題で (Yahoo!ニュース)

日本道路公団の近藤剛総裁は28日、都内で講演し、偽造が問題になっているハイウェイカード(ハイカ)や回数券について、ETC(ノンストップ自動料金収受システム)の普及を前提に廃止する方針を明らかにした。来週以降、国土交通省や首都高速道路公団などと協議し、廃止時期などの検討に入る見通しだ。
日本道路公団は偽造ハイカの被害額として03年度決算で82億円を計上した。さらに今年4月以降も新たに70億円を超える被害が出ているといい、近藤総裁は「最終的に180億から200億円の損失になる可能性がある」と説明した。

偽造されない仕組みを入れたらいいだけじゃないか、と思いつつも、渋滞緩和などを考えるとETCなんだろうけども、ETCはもっと安くならないものなのか。というより、100円くらいでレンタルしてくれないだろうか。そうすると、もっと利用者が増えると思うんですよねぇ。(というか、これから出る新車には埋め込んでおけばいいのではないか。)あと、ETCとそれ以外の兼用レーンも、ETCの人がっくりだものなぁ。あと、suicaやicocaみたいな仕組みでなんとか出来なかったのだろうかとも思案。結局、どっかに大きな利権があるんでしょうね、高速道路だし。

大体、こんな偽造されやすいカードを作ったのは誰なのかと。廃止するのならば、責任問題をはっきりさせてからするべきですよね。又吉氏風に言うならば「ハイカの仕様決定者は腹を切って死ぬべきだ。」

とりあえず、500円得するだけのハイカでも廃止になると困る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.27

ヴィンセントという名のウォッカ。

先ほど、あげた記事にもあるとおり、今日は飲んでいます。自分の家で飲んでいて、いろいろと飲むものも迷ったのですが、きつめのお酒がいいだろうという事で女の子にプレゼントする予定だった『ヴィンセント』という名のウォッカを開ける事にしました。ウォッカを飲むのは久しぶりなのですが、柑橘系のような香りと味がとても、うまい。段々と体に火が灯ってきたような気がします。ボォっと。

この『ヴィンセント』はボトルに仕掛けがあってそれが買う動機になっていたのです。その名から察しのいい人はすでにお分かりだと思います。ヴィンセント=ヴァン=ゴッホの絵がラベルに描かれていて、その描き方もとてもいいのです。

[ウォッカ ヴィンセント]
gogh.jpeg


ウォッカの向こうに見えるゴッホの絵。とてもいい。

# 昔、これと同じような方法で、ショパンという名のウォッカもありました。空き瓶はあげちゃって、後で少し後悔しました。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

高野連が多くの原因である。

わたしは高校野球が嫌いだ。あの偽善的な雰囲気がとても嫌いだ。ストーリーを作って紹介する朝日放送の番組も嫌いだし、その影響で探偵ナイトスクープの放映時刻がずれるのも、とても嫌いだ。(嫌いの理由のシェアNo.1だ) という諸事情から、わたしは高校野球が嫌いである。以上。


と、ここで終わってしまうのは、勿体無い。

わたしの友達で甲子園を目指して野球をしていた者がいた。彼は確かその地域の中で投手として、とても才能があった方だと思っていたし、試合ではいつも光っていた。だが、そんな彼が突然、野球を辞めた。わたしは理由を彼に聞いてみると、彼はこう答えた。

 「彼女が坊主頭は嫌だって言うから」

そう、彼は高等学校野球連盟(高野連)が推奨する坊主頭を拒否し、彼女との愛を取ったのだ。もちろん、彼がそのまま野球を続けて才能を発揮できるとは限らない。でも、その可能性をしょうもない理由でもぎ取ってしまったのは事実で、実際、Jリーグが始まると野球部にいた運動神経のいいやつらはサッカー部へと流れていった。高校野球をするよりもサッカーの方が明らかにかっこよかったからだ。それでいいのか。( (c)だいたひかる )

大体、高校野球が教育の一環だからという理由は詭弁にしか過ぎない。学校に所属して行う事の全ては教育の一環であり、高校野球だけが教育の一環ではない。教育の一環だから、動作や頭髪まで形に押さえ込む必要があるのか。大体、頭髪と野球がどう関係あるのか。(また、高校野球は球児たちの求職活動の格好の場となっているのも事実。それも教育なのか。)

例えば、不祥事を起こした学校は次の高校野球に出れなかったりや、出場が決まっていて不祥事が発覚すると辞退するか否かの騒動になったりする。不祥事を起こした学生のみが処罰されるべきで、全体責任なんて不条理過ぎるんでないかい?ほんと、そういうニュースを見る度に呆れる思いがします。それがわたしの高校野球離れを加速している。

こういうニュースも、ニュースになるという事が馬鹿げている。

神か悪魔か…高校球児に「ハッスルポーズ」禁止令(夕刊フジ) (Yahoo!スポーツ)

「ハッスルポーズ」といえば、球界では今や清原の代名詞。巨人ファンの間でもすっかり定着し、予選真っ盛りの高校球児の間でも見られるようになった。が、高等学校野球連盟(高野連)関係者からは「待った」の声がかかった。
「ガッツポーズについての規制はないですが、本塁打を打ったときに、グラウンドを1周する間、ずっと拳を上げたままだとか、応援席に手を振り続けるなど、目に余る行為には、さすがに注意をするようにしています」(高野連広報)
教育の一環でプレーする高校球児たちにとって派手なパフォーマンスは不必要。本塁打を放って戻ってきたベンチ前で、「ハッスル、ハッスル」はもってのほかというわけだ。

ガッツポーズは派手なパフォーマンスじゃないのか?「目に余る行為」は「注意」するなら、そのガイドラインを示せと。それがないなら、感覚で注意しているだけではないのか。ポリシーが無いのか。こういうどうでもいい事を心配する前にもっと優先度の高い心配すべき事があるのではないのか。


そんな迫害を受けているハッスルポーズの誕生秘話はこちら。

 ハッスルポーズ誕生秘話

| | Comments (0) | TrackBack (0)

らもさんが死んだ!!

先日、作家の中島らも(以下、らもさん)が酔って階段から落ちて頭を打ったというニュースをみて、その身を心配していたのですが、最悪の結果となってしまったようです。

作家の中島らもさん死去 (スポニチアネックス)

作家や劇団主宰者として活躍した中島らも(なかじま・らも=本名中島裕之=なかじま・ゆうし)さんが26日午前8時16分、脳挫傷による外傷性脳内血腫のため神戸市内の病院で死去した。52歳。兵庫県出身。葬儀は近親者で済ませ、後日「追悼ライブ」を開く予定。

らもさんの書く小説や、テレビでの姿はとても大好きで、昔、大阪で深夜にやっていた『最後の晩餐』という番組に出てた、へろへろのらもさんがとても大好きだったりしました。小説では『今夜、すべてのバーで』がとても大好きで、鬱になりそうな時に何度も読み返したりして前駆的な元気を貰ったりしていました。
最近では、大麻がばれて捕まったりしていましたが、そんな事があっても、わたしはらもさんがとても大好きだったのです。そのキャラクタはユニークでかつ偉大でした。

今年はいろんな人が亡くなっていますが、ここまで衝撃を受けたのは初めてでした。


今日は飲んで酔ってへべれけになるしかない。明日が仕事の日なんて関係ないのだ。

合掌。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

あれはどうなったんだろうと思ったら・・・。

もうだいぶ前になりますが、前に記事にした某観光協会ですが、久しぶりに見てみました。


・・・

更新されてない・・・ _| ̄|○

挫折されたのでしょうか・・・。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ココログ、重いよ。

この時間帯のココログ、いつも重いですね。投稿自体はすぐに反映されるのにpingサーバの反応が遅い。top新着記事一覧も23時で止まってるし・・・ お金払ってるのだから、なんとかしてほしいですね。

 ココログに関するご意見ご要望はこちら(~1/15) (ココログスタッフルーム)

ここに対するトラックバックが出来たらよかったのですが、許可していないようです。はぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.26

こういう教科書は欲しい。

わたしは学生だった頃、教科書は重い、読みにくい、分かりづらい事もあって嫌いだったのですが、こういう教科書は読んでみたいですね。

 ワロタ (inoweb-logue)
 (リンク先の画像が今回のネタです。いつまであるかはわかりませんが)

細かいところまでセンスに溢れています。こういうセンスって微妙なんですよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『ミスター味っ子 DVD BOX』が来た。

わたしに影響を与えたマンガは数知れず、またアニメからもいっぱい影響を受けました。しかし、マンガ、アニメ両方から受けたものは少ないですね。その少ない一本が『ミスター味っ子』です。わたしが料理をするようになったのは、この作品が原因なんですよね。いろんな工夫が面白かったのと、このアニメの過剰な演出も大好きでした。ビデオに取って何回も見た記憶があります。

そんな想いがあって、先月くらいにamazonからのメールで知ったので早速注文してしまい、後でその金額を考えると少し後悔してしまっていたそのモノが先週末、届きました。それがこれです。

 ミスター味っ子 DVDメモリアルボックス1

やっと時間が取れたので、少し見たのですが、今見ても結構面白いですね、でも、ちょっと気付いた事が・・・

それは、このマンガって(将太の寿司も同様です)基本的に相手の手の内を潜入調査やスパイ、相手の好意(ソーシャルハッキングか)などで知ってから、それを上回るような工夫をして相手に打ち勝つという、姑息というか、勝つ為のあたりまえの事をしていただけなんですね。
(丸井のおっさんとのスパゲティも、一馬とのカレーも、甲来軒とのラーメンも、小西とのステーキも・・・初期のエピソード、ほとんどじゃん・・・)
これは孫子の兵法にも書いている「彼を知り、己を知れば百戦危うからず」の実践だったんです。すげぇーー、味っ子!!


こんな事を書きながら、第2弾の予約をしたのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イベントの入出管理にRFIDタグですか。

わたしの業務とは全く関係無いのですが、個人的に興味がある技術は一杯あります。その中に『RFID』というのもあります。ここ最近、このRFID技術を使った『RFIDタグ』がとてもホットで、実証実験などがいろんなところでされています。

 来場者を対象にした大規模ICタグ実験をN+I Tokyoで実施 (ITmedia)
 NETWORLD+INTEROP 2004
 (いろんなところと言ったのに、1事案・・・ orz )

そういう中で、こういうニュースを見ました。

フジロック入退場管理にICタグ (ITmedia)

ソフトバンクBBは、7月30日-8月1日に開かれる「FUJI ROCK FESTIVAL '04」(FRF)で、観客の入退場管理を行う無線ICタグシステムを構築した。
新システムでは、リストバンドにRFIDを搭載。入退場ゲートの読み取り端末にリストバンドを近づけることでチェックする。確実に入退場チェックを行える上、入場者数をリアルタイムに把握することも可能になる。
RFIDタグにはユニークIDナンバーが割り振られ、ゲートで読み取ったIDとサーバ上のIDを照合することで入退場認証を行う。リストバンドの留め具は、一度装着すると外す際にコワ得る仕組みになっており、複製やデータ改ざんが困難だという。

技術的にどのようなシステムなのか興味があります。しかし、それ以上に、これでスムーズに入場できるのであれば他のイベントでも導入して欲しいと思いました。このくらいの規模のイベントになると入場するだけで数十分から1時間以上も時間を取られてしまうことが多くて閉口していました。どういうシステムになっていて、ユニークIDと個人情報がリンクしているかもこれではわかりませんので、プライバシー上の問題も出てくるかもしれません。しかし、この場合においてはわたしは利便性を取りたいと思います。

しかし、ソフトバンクなんですね、このシステム開発。いろんな意味で見守り状態です。うまくいくといいですね。

# RFIDのプライバシー上の懸念については、前にも紹介しましたが、このサイトがとても勉強になります。
#  高木浩光@茨城県つくば市 の日記

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.22

フィギュアになってた『クロ高』。

先日、『魁!クロマティ高校』の話題を記事にしたことからもご察しのとおりだとは思いますが、わたしは『魁!クロマティ高校』(以下、『クロ高』と略す)のかなりのファンであります。先日も書店にて10巻の発売を確認した瞬間購入し、その数時間後に読了したのは記憶に新しい事でございます。

そんなわたしが昨日、あるコンビニに立ち寄ったところトレーディングフィギュアなるものを見つけてしまい、その箱に書いてあった煽りとしては「漢は黙って大人買い」とあったのですが、びびってとりあえず3つだけ買いました。わたしは到底、漢ではありませんね・・・。
そして、いろいろと箱を見たりしてショックを受けたりしていたのです。開けた後にショックというのは大してなかったのですが、これが「第2弾」の企画である事に少々ショックを受けた昨日でした。最近、アンテナ鈍ってるなぁ・・・。


ちなみに中身は結構出来がいいと思います。(わたしはマスターではないので甘い採点かもしれませんが) とりあえず、メカ沢のお風呂が欲しいですね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.20

今年のWIREが早くも終わった。

毎年、東京の近辺で行われている石野卓球@電気グルーヴがオーガナイズする『WIRE』が今年はもう終わってしまったようです。(7/18,19)
いつも、8月の終わりから9月の初めにあるので、夏の終わりみたいな区切りのように思っていて、わたしも何回か行ったりしたのですが、それが今年はもう終わり。少し寂しい感じがしますね。

今年から2日間と言う事ですが、参加アーティストはもう少し絞っていいから、2日するなら1日は関西でして欲しいなぁ、サマーソニックのように。チケット代も高い上に交通費も馬鹿にならないですからねぇ。それとも、関西で屋内つかえるところがないのでしょうかね。でも、この前、大阪ドームでしてましたよねぇ、あれでもいいから。と、いうわけで関西在住の方でそう思っている方も多いのではないかと思います。

そんな貴方に朗報です!!
公式Webサイトでアンケートが行われています。最後の方に自由記入欄がありますので、そこに「関西での開催希望!」とでもいれてアンケートを提出しましょう。全て目を通すと公式のメールマガジンでスタッフの人も言ってましたしね、声が多くなると影響力があると思います。

という訳で関西のWIREファンの方々、アンケートに答えて『WIRE』を関西に誘致しましょう!!(笑)


あと、公式Webサイトには写真もアップロードされています。『WIRE』を知らない人もそれを見ると少しは現場の雰囲気がわかるかもしれません。広い会場でのビームとかとてもいいですよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.17

よんひゃくトラックバック。

トピックスとしては出た時から見ていたのですが、この記事。

 なりきりTommy february6 (眞鍋かをりのここだけの話)

わたしが眞鍋さんに興味を持ち始めたのは映画『ウォーターボーイズ』でしたが、ここまで可愛いと思いませんでした。眼鏡がとても似合ってますよね、うんうん。
で、そんな魔力的魅力に取り付かれたブロガーたちが400人(それ以上でしょうが)、トラックバックを送ったようです、すごいですね。こんなに多いのは初めてみます。
しかし、トラックバック数の日本一ってどのくらいなんでしょうね。これが一位なんでしょうか。

というわけで、これが401個目です。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.07.14

携帯電話が飛行機に持ち込めなくなる日。

東芝が小さい燃料電池を開発したというのは結構前のニュースですが、その実用化例のようなニュースが出てました。

KDDIがケータイ向け燃料電池の共同開発に着手 (nikkeibp.jpエレクトロニクス)

KDDIは、携帯電話機向け燃料電池の実用化を目指し、東芝、日立製作所と共同開発を行う。KDDIが、燃料電池の大きさや容量、出力などを定めた技術仕様書をまとめ、2社が仕様書に基づきそれぞれ独自に開発を行う。容量はLiイオン2次電池の2倍以上、価格はLiイオン2次電池の2倍以下を目指すとする。
開発する燃料電池はダイレクト・メタノール型である。燃料をカートリッジで供給するか、機器に直接注入して供給するかなど、具体的な仕様は決まっていない。「共同開発の話が2社とまとまったのが2004年6月中旬ごろ。仕様についてはこれから詰めていく段階」(KDDI)。今後、さらに共同開発の依頼先を増やしていく可能性もあるという。
試作機を2005年までに製作し、2007年に製品化することを目指す。

機器に直接注入は少しいやですよねぇ、ガス式のライターみたいなものでしょうか。カートリッジにしても再利用が・・・

そういえば、メタノールって劇物指定されているんですよね。

 毒物及び劇物取締法

というわけで、このような携帯を持っている劇物を持っている人物と扱われて、飛行機や電車などの搭乗、乗車を拒否される可能性があるのでしょうか。もし、あったとすると業界側は規制緩和を目指したロビー活動を行うのでしょうね。
でも、劇物を持ち込めないようにしてるとするとセキュリティ上の問題があってという事だと思うのですが、とりあえずはセキュリティを保てるレベルでの規制緩和という落としどころが難しそうな問題ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

まだ、やってるんでしょうか。

登る人の心理が分かりません。

ベイブリッジに男よじ登る=海面から40メートル、署員が説得-横浜 (Yahoo!ニュース)

14日午前6時40分ごろ、横浜市鶴見区大黒ふ頭の首都高速湾岸線下りの横浜ベイブリッジで、海に面したフェンスに男が登っていると110番があった。鶴見署員が駆け付けると、男は「死ねばいいだろう」などと飛び降りるそぶりを見せ、同署員らが説得に当たっている。

男は「死ねばいいだろう」などと飛び降りるそぶりを見せ
確かにそれは真実なのですが、ベイブリッジの上から飛び降りて死ぬのは迷惑ですよね。死ぬときまで迷惑をかけるのでしょうか。(逆に迷惑をかけない死に方というもの結構難しいのですが)

警察の職員さんも大変ですよね、こんなのも対応しないといけないのですから。

- 追記 [2004/07/17 16:45] -
上でリンクしていた記事の内容が更新されていました。

男は現場に駆け付けた鶴見署員らの説得に応じて約6時間後に降り、身柄を確保された。同署が身元の確認を進めている。

結局、確保されたのか・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.12

このような方向性は大歓迎である。

先日からいろいろと子供に対する教育などの記事をあげてきました。わたしとしてはそういう意見なので、このような記事をみると歓迎ムードでいっぱいになります。

子どもにインターネットをどう教えるか (IT Pro)

小中学生の子どもを持つお母さん,お父さん。子どもにどのようにインターネットを使わせていますか。パソコンがウイルスに感染する,詐欺に会う,事件に巻き込まれる,掲示板やホームページで他人と争いになる,など,心配なことがたくさんあると思います。
 しかし,ではどうすればいいのか。「それをきちんと教える自信がない」という方も多いかもしれません。さらに,そのようなことは学校でもほとんど教えられていません。このままでは,子どもたちが何も知らないままインターネットを使い続け,トラブルに巻き込まれたり不愉快な思いをしたりしてしまうのではないか・・・

そういう不安が親にあるからといってフィルタリングする事(くさいものにはふたをする)が本当に有効であるかという事を親は考えなければなりません。他にする事はないのですか?という訳で子供がいる親はこの記事(もしかするとユーザ登録が必要だったのかもしれません)を読むべきでしょう。インターネットは家庭に無くても世間には満ち溢れているのですから。

でも、結局はこういう事が一番のよくない事なんでしょうね。

子どもと面と向かって話し合えますか
実は一番難しいのが,この「話し合う」ことかもしれません。あなたの家庭で実際にそのようなことができそうですか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.11

『クロ高』と板尾さん。

魁!!クロマティ高校』が実写映画されるという事は結構周知の事実のようですが、わたしは今日知りました。うっかり通常版を買って家に帰り、限定版の情報を見るとすぐさま限定版を買いなおすくらい大好きなのに・・・_| ̄|○

でも、人に教えてもらって、いろいろと調べてみたのです。フレディが渡辺裕之には驚きというか、ハマリ過ぎと思いました。しかし、すげー微妙なキャストさんたちですね。

「クロマティ高校」実写映画に (デイリースポーツonline)

主人公・神山を演じるのは須賀貴匡(26)。「仮面ライダー龍騎」で鳴らしたイケメンは「お笑いに理解がない」という理由で起用された。存在そのものがボケのようなキャラクターたちの間で、突っ込み的な役割の神山にはうってつけだった。
 豪傑だが乗り物に弱いという竹之内にはプロレスラー高山善廣。関係者が「他の人は考えられなかった」というほどのハマリ役だった。フレディを演じた渡辺裕之(48)ともども肉体派としてイイ味を出している。ちなみに諸事情により海外に行ってしまう竹之内の代わりにクロ高に残るマスク・ド・竹之内は作品の構成も務めた板尾創路(40)が演じている。

竹之内は高山さんかー・・・ ん??おお!!マスク・ド・竹之内に板尾さんの名前があるじゃないですか!!そして、演じるだけではなくて構成もしているとは・・・ 少し期待感。板尾さんはダウンタウンの次に好きな芸人さんです。こうして露出が増えてきているのは嬉しい事です。

この監督の映画は見たことありませんが、『地獄甲子園』は少し見たかったのですよね、ぜひ、クロ高は見に行けるようにしようと今から誓うのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ダウンタウンはやはりお笑いがよく似合う。

『ワールド ダウン タウン』という番組があります。わたしは初め、世界の下町をレポートする番組と思っていてみていなかったのですが、どうやらあのダウンタウンの番組だったようで、それがわかってからはいろんな手を尽くして見るようにしています。それというのも、ダウンタウンの久しぶりのお笑い番組で深夜番組だからです。

 WORLD DOWN TOWN 公式サイト

未だ、ダウンタウンがこれほど面白いという事はよっぽど凄い二人なんでしょうね。見ていない人は面白さが分からないと思いますが、端的に言うと、昔、タモリの笑っていいともに出てたマッスルという外国人、あれと同じ感じな人が3人出てきていてダウンタウンと世界の(と言ってもタイとフィリピンくらいか)ニュースをお届けするというニュース番組なのです。幸い、そのテープ起こしをしていらっしゃる方がいます。見逃した人は読んでみてイメージを掴んでみるのも一つの手かと思います。

 ワールドダウンタウン

しかし、残念ながら関西では放送されていないんですよね。『ガキの使いやあらへんで』もそうですが。ゴールデンの番組は関西でも流れていますが、深夜の番組は放映されない事が多いですね。関西のTV局に嫌われているのでしょうか・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

へこむラーメン丸。

わたしは今日は休みでしたので、大好きな人と山へ肉を食べに行っていました。10時に彼女の家に迎えに行くことになっていたのですが、ご飯を食べていなかったのでファミリーマートに寄っておにぎりを買った時にいくつかお菓子を買いました。その中にこの夏の新製品である『ベビースターラーメン丸 冷やし中華』も入れておきました。そして、彼女を乗せて山を登っていたのですが、なんと気圧のせいか膨らんでいました。で、面白いねぇと彼女と笑ったりしました。

そして、わたしは山を降りて、今、会社にいるのですが、結局笑われただけで食べなかったラーメン丸を取り出して食べようと思って見てみると、なんとそのラーメン丸がへこんでいました、微妙に。一度、膨張してしまった影響なのでしょうか。

そんなラーメン丸が何かを象徴しているかのようでした・・・ はぁ・・・

[微妙にへこむラーメン丸]
hiyashi.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.10

壁で分ける事が出来るのか。

イスラエルで壁が建設されているというニュースを聞いたときにあまりイメージが湧かなかったのですが、これを見て少し驚きました。

国際司法裁判所、ヨルダン川西岸の分離壁を違法と判断=文書 (ロイター通信)

[エルサレム 9日 ロイター] 国際司法裁判所(オランダ・ハーグ)は9日、イスラエルがヨルダン川西岸に建設中の分離壁が国際法に違反しているとの判断を示し、撤去を勧告する見通し。
ロイター通信が入手した文書で明らかになった。

こりゃ万里の長城の小型版ですねぇ、すごい。あと、壁を作ると共に穴も掘ってるんですよね、イスラエル。なんだか、なりふり構わない状況になってますよね。人殺しも凄いですよね、軍用ヘリからミサイルとかで明確な暗殺。やっぱり、こういう場合ってどういう解決が出来るのでしょうか。アメリカが仲裁したりしているようですが、覇道を往くアメリカに大岡裁きが出来るとも思えませんが。

こういうものが万里の長城のように後世に残るものになってしまうのでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.07.09

マンセルのひげが大好きでした。

昔、中島さんや阿久里さんがF1に乗っていた頃、わたしも結構好きでF1の中継を見たりしていました。見なくなったのはいつ頃でしょうか、セナが死んでしまった後のような気もします。

その頃、どっちかというとセナやプロストなどの走りが好きだったわたしは、その相手役のマンセルがあまり好きではありませんでした。車の色も嫌いだし。でも、ひげは許せるんですよね、あの形のいいひげ。

そんなマンセルがF1に対して苦言だそうです。確かにF1は面白くなくなったのかも、わたしも見ていないですしね。


マンセル、F1に興味を失う (F1-live.com)

現役時代に31勝を上げたマンセルは最近のF1について「レースには事実上“オーバーテイクがない”。今の(F1での)ルールのあり方に、ただもうあ然とした」と語った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『げんしけん』のアニメ。

先日、書いた記事ここのサイトからトラックバックを頂きまして確認したのですが、『げんしけん』がアニメ化されるんですね。というか、帯を確認したら書いてましたね、ちゃんとみようよ>おれ。

それで、気になったのでいろいろと調べてみたのですが、まだどこの放送局とかという情報は出ていないようですね。ただ、公式サイトは出来ていました。しばらくのうちはチェック対象ですね。

あと、その過程でご本人さまのインタビューを見つけました。なかなか。

 「もちろんフィクションです(笑)」 (walkerplus)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.08

パンダ・ブーム。

身の回りにパンダが増えています。これは注意報を出さないといけませんね。(何にだ?)
とりあえず、わたしの周りではいろんな「生茶パンダ」勢が一番勢力が強いです。今ついているキーチェーンや、前にあったキャップ式のもの、あとローソン限定のはんこっていうところでしょうか。しかし、「パンダーゼット」も負けてはいません。近くのコンビニにフィギュアが売っているので自然増加する見込みがある上に、可愛いカッコいい!!そして、一番、人気がないのが「ハンパンダ」です。これは少し怖いですからね。

では、パンダ写真集です。

[ピンクパンダ]
panda.jpg

[パンダ競演の図]
panda2.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.07

ピンクの生茶パンダ。

ただいま、キャンペーン中で売れに売れまくっている『生茶』ですが、わたしもある事情が合って飲みまくっています。で、今日、わたしの元にピンクの光る生茶パンダのマスコットがやってきました。
それはコンビニで買ってエレベータで職場に上がるときにその移動中に見たのですが、正直、「キタキタキタキタ━━━(゜∀゜≡(゜∀゜≡゜∀゜)≡゜∀゜)━━━━!!!!!!!!!! 」って感じでした。もちろん、女子社員には羨ましがられました。ミッション達成。

明日、パンダまみれの画像を上げましょう。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2004.07.06

クイズ大会に馳せる想い。

わたしは業務上、コンピュータもしくはインターネットにおけるセキュリティ情報の収集を行っているのですが、定期的にチェックするサイトに警察庁の@policeというセキュリティ啓蒙サイトがあります。

このサイトでは、市販のソフトウェア(例えばWindowsとか)の脆弱性に関する情報や、流行っているウィルスの情報などが頻繁に更新されています。あと、児童向けの啓蒙サイトもあったりと、一度は見てみるといいと思うサイトではあります。

その@policeでセキュリティクイズ大会というイベントが行われています。それも3回目。で、早速やってみました。一応、面目を保ち満点でした。わたしにとっては簡単な内容でしたが、一般的なインターネット利用者、もしくは児童向けにはいいのではないかと思いました。


クイズ大会と言えば、高校生の頃に「高校生クイズ」というのに一度だけ参加した事があります。ジャストミート福澤アナや中元アナを見れたのがいい思い出でした。結果は一問目敗退でしたが・・・


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.05

いろんな『バルーンファイト』。

先日、記事にした『バルーンファイト』ですが、毎日していた為かかなりうまくなってしまいました。通常のPlayでは696,800点、Balloon Tripでは75,750点がいまのところ最高点です。

というわけで、通常ではない遊び方をいろいろ編み出すという状態になってきて、やっと飽きてきたのかなと思ったりします。

[遊び方1]
ステージ1で点数をどれだけ稼げるか。
35,000点程度が最高でした。

[遊び方2]
BalloonTripで風船や泡を取らないでどこまで点数を確保できるか。
2,320点が最高でした。

この遊び方2の方は激ムズなのと、結構当たり判定が適当で風船を取ってしまい、すぐに自殺するという事になってしまい悲しいのですが、とても面白いので興味のある方は是非。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.04

『団地ともお』の微妙なセンス。

わたしが唯一買いつづけているマンガ週刊誌が『週刊ビックコミックスピリッツ』(通称 スピリッツ)なのですが、その中で最近大好きなのが小田扉氏の『団地ともお』です。通常、週刊誌で読んでいるので、コミックスは買わなくてもよいのですが、2巻が発売されていましたので、買ってしまいました。買う価値があると思ったからです。

わたしも団地住まいだったからというわけではないと思うのですが、このマンガには団地の楽しくて悲しい部分が描かれていると思いました。例えば、空回りする自治会活動や知り合いばかりのご近所さんとか。そんな中で主人公のともおくんの極端な純粋さがとても滑稽で面白く読めます。

これは小田氏のセンスなのでしょうが、この団地の子供たちがみんな熱中的に見ているマンガの中のTVドラマである『スポーツ大佐』という微妙なネーミングのものがあります。1人の中年が悪の組織と1人で戦うというありがちな設定なのですが、どこか違う。でも、みんな大好きなんですよね。わたしも見てみたい。もし、このマンガがドラマ化されるのであれば、わたしは『団地ともお』よりも『スポーツ大佐』を見てみたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.02

軍艦島を世界遺産にという動き。

熊野古道がユネスコの世界遺産に登録されたようでいろいろとニュースになっています。

中朝高句麗古墳群が世界遺産、「紀伊」霊場と参詣道も (Yahoo!ニュース)

中国・蘇州市で開かれている国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の第28回世界遺産委員会で1日、北朝鮮の「高句麗古墳群」と、中国領内にあり中国が登録申請した「高句麗の首都と古墳群」(遼寧、吉林省)を世界遺産(文化遺産)に登録することを決めた。
同時に、和歌山、奈良、三重県にまたがる「紀伊山地の霊場と参詣道」の登録も決まった。

わたしは世界遺産に登録される事がどういう事かあまり知らないのですが、このサイトにこう書いてありました。

紀伊山地の霊場と参詣道

世界遺産とは
遺跡や文化的な価値の高い建造物、貴重な自然環境を保護・保全し、人類にとってかけがえのない共通の財産を後世に継承していくことを目的に、世界遺産条約(※)に基づく世界遺産リストに記載されている物件のことをいいます。世界遺産条約の締約国は、自国内の世界遺産の保護・保全を行うこと、他国の世界遺産についても保護に協力すること、世界遺産の評価に向け教育・広報活動に務めることとされています。

なるほど・・・

で、今朝、いつものようにめざましテレビを見ていると、先日記事にした軍艦島に関しての紹介コーナーがあって、そこでは軍艦島案内のクルーズや、軍艦島の歴史的背景が紹介されていました。その中で初めて知ったのですが、軍艦島を世界遺産にしようという動きがあるようです。その根拠や意図などはこちらにかかれていますので、興味のある方は一読されればと思います。

 端島(軍艦島)を遺跡としての保存に関する提起書 (軍艦島を世界遺産にする会)

大抵は同意出来ました。ただ1つだけ。その中にもあるのですが、やはり風化などの劣化には耐えがたいのではないかと思ったりしています。少しの補修で済むものなのか、現実に見たことないのとそういう知識がないのでわたしには判断出来ませんね。でも、世界遺産に登録されて未来永劫残っていくのであれば、わたしが異論を唱える必要はありません。是非、がんばってほしい。そして、1度は見てみたいと思うのでした。


軍艦島の所有権は三菱マテリアルから高島町、そして、長崎市に移っていたのですね、知りませんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

子供は大人が思う以上に賢い。

「大人」という生物は「子供」から退化したものではないかと思っていたのはだいぶ前からですが、コンビニに行くといくつかの雑誌に小さい透明のシールで中身が開かないようにされていて見せ掛けの封印がされていました、はぁ。こんなの袋とじと同じでなんの意味すらありませんよ。「姿勢」はありますよっていう事ですか、はぁ。

以前、記事にしたあの親父さんもお仲間を集めて地道に行動されているようです。そういうパワーがあるなら、自分の子供をしっかり育ててください。それが出来ていればあなたのお子さんは「有害図書」には目もくれないでしょう。それでも問題なのですか?そうすると大乗を目指しているのでしょうか?それはただの思い上がりで迷惑というものです。迷惑行為禁止条例で取り締まれないものでしょうか。(ありえない)

東京都もこういう活動をしているようですが、茶番ですね。
不健全図書の陳列、都が店頭チェック…改正条例が施行 (YOMIURI ON-LINE)

東京都の改正青少年健全育成条例が施行された1日、「不健全図書」の区分陳列などが実践されているかどうかを確認するため、都の委嘱を受けた「青少年健全育成協力員」が東京・上野の書店などを巡回した。
改正条例は、都の指定する不健全図書の区分陳列とビニール包装を書店などに義務づけた。協力員は各店舗を回り、違反を都に報告する。
この日は台東区役所で協力員への委嘱式が行われ、竹花豊副知事が「我々は子供の育成に失敗すらしているのではないか。危機感を持って取り組みたい」とあいさつ、同区担当の協力員と名誉協力員のタレント・山田邦子さんに委嘱状を手渡した。

こんなのに予算使って・・・はぁ。もっと他に用途はありませんか?で、いまさら山田邦子ってなんだよ。どういう効果を狙った名誉協力員だよ。大体「失敗すら」って言ってる時点で思い上がってるんじゃねーの?あなたの子供はどうなんだよ。
不健全図書を排除する事が青少年を健全に育成する事なのでしょうか。例え、不健全図書がコンビニや表の書店から消えたとしても、「不健全」なものは消えやしないのです。「考える力」が無いのかもしれないけど、もう少し頭使って考えようよ。

大体、自分の子供に対して説得すればいいだけの事なのに、そのパワーが無いのか、面倒なのか、子供に対する影響力が無いのか、環境が悪いと責任転嫁する「大人」っていますよね。そういう「大人」を「子供」はしっかり見ていて、余計に影響力を失っているという事がわからないのでしょうか。子育てに責任が負えないのであれば、止めておいた方がいいですよ。そういう「大人」を親を持ってしまった「子供」が可愛そうというものです。

結局はそういう姿勢と行動を他に見せて自分に酔ってるのでしょう。それは通常、オナニーと言うのです。「大人」はオナニーで満足出来る生き物なのでしょう。でも、オナニーは1人でこそこそとやってください。オナニーは他人とって不快ですからね。それとも、露出癖があるのですか?

以下、同じ件についての記事。
 2004.06.09 パワーはある、問題はその方向性ですね。
 2004.06.10 + 激しくパワーダウン +
 2004.06.11 食玩か、これは。
 2004.06.17 PTAは暇なのか。
わたしとしては、言いつくした感があるのでこれで終了としたい・・・

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.07.01

過重労働チェック。

厚生労働省が「積極的な健康管理」の為に労働者の疲労蓄積度のチェックシートを作ってwebで公開されています。そして、自分でセルフチェックが出来るようになっています。(ちなみに労働者本人でなくてもチェック出来る様になっています)

 労働者の疲労蓄積度チェックリストについて

テスト好きのわたしは早速やってみました。で、わたしの判定結果。

<自覚症状の評価>
合計 28 点 IV 21点以上
<勤務の状況の評価>
合計 10 点 D 6点以上

【総合判定】
あなたの仕事による負担度の点数は: 7 点 (0~7)
6~7    非常に高いと考えられる

やっぱり働き過ぎですか、やっぱり・・・

[ 追記 ]
実際の提供は中央労働災害防止協会総合判定プログラムという名称のようです。厚生労働省が発表したチェックシートを、中央労働災害防止協会がプログラムにしたというところでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

近鉄・ライブドア・野球って?

いろいろと世間に話題を振り撒いている近鉄の問題ですが、ライブドアが買収の意向を示した事がおもしろい事になってますね。

近鉄買収は不可能だ 巨人・渡辺オーナーが見解 (Yahoo!ニュース)

巨人の渡辺恒雄オーナーは30日、東京都内のホテルで、インターネット関連サービスのライブドアが近鉄球団の買収に名乗りを上げたことについて「決着済み。近鉄がちゃんと声明を出したじゃないか。だからない」と同社の買収は不可能との見解を述べた。
プロ野球に新たに参加する球団はオーナー会議の承認を得なければならない。球界に強い影響力を持つ同オーナーは「加盟できないんだよ。おれが知らない人は入るわけにはいかない。プロ野球というのは伝統がそれぞれ(の球団に)ある。金さえあればいいというもんじゃない」と受けつけなかった。

この発言にはいろいろと問題があって、「近鉄がちゃんと声明をだした」から「決着済み」と言いつつも、「おれが知らない人は入るわけにはいかない」と言う、この人間はどういう思考をしているのでしょう。こういう既得権益にあぐらをかいたような人間が外野にいるから、現場の人がどんなに頑張っても野球の人気が下がっていくのでしょうね。戦術は出来るが、戦略は出来ないというか。

わたしはライブドアが入ったりすると面白いと思ったのですけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アンニュイな7月。

今年もやっと折り返しなんですね。「やっと」と書きましたが、実際はいつも以上に日常が高速に過ぎていっているような気がします。それだけ毎日の濃度が薄いのでしょう。

先月は「そろそろ行動していかないと」と言っていて、いろいろ行動に出たりしていたのですが、不発に終わりました。今月も頑張りましょう。でも、その周りで不本意に結果が出てきたりしていて、非常に微妙な状況に陥りそうです。でも、そういう綱渡り的な状況も大好きなんですよね、きっと。

というわけで、今月も引き続き行動を起こしていきましょう。どういう結果になるかは、やってみないとね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2004 | Main | August 2004 »