« April 2004 | Main | June 2004 »

2004.05.30

特急サザン。

先日、酒屋に行って綺麗なボトルがあるなぁと思っていろいろと見てると、どうも焼酎らしいのですが、その名も『サザン』。というわけでその時は買うのを止めました。その数日後にニュースでアサヒビールも焼酎を出すというのを見て、その焼酎の名前が『サザン』。どうやら、先日見たのはその新製品だったようでした。そして、今日、買って来ました『サザン』を。

中が少しねじってある青い綺麗なボトルでなんだか海がよく似合う、そんなイメージの『サザン』。そのボトルに貼られたラベルには

カフェ式蒸留焼酎ブレンド

と書かれており、その製法がどれだけ美味しい焼酎を作れるのかは分かりませんが、とりあえず甲類焼酎のようです。(よくよく見ると製造はニッカウヰスキーのようです。)

早速、少しばかり飲んでみたのですが、とてもすっきりとしていて飲みやすいです。という事は逆に個性が無いとも言えるかもしれません。口に含んだときの香りも特になく、がぶがぶと飲んでしまいそうなそんな感じです。ロックで飲んでいたのでした、少し溶け出した初めよりは、だいぶ溶けてしまった後の方が美味しく思いました。はやりのハーフロックで飲むのがいいのかもしれません。

これを飲んでいると、キリンの『ピュアブルー』を思い出しました。味で比較出来ませんけども。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バルーンファイト、最高!!

わたしがファミコンを買ったのは確か小学校3年生くらいで、コントローラのボタンが丸くなってすぐぐらいだったと記憶しています。もちろん、小学生なので自分のお金ではなく、親に買ってもらったのですが、その時に買ったソフトが『エキサイトバイク』と『アーバンチャンピオン』の2つでした。きっと運がよかったのでしょう、どっちのゲームもとても面白くて面白くて親に怒られながらも遊んでいて読み取りが悪くなってしまう程(因果は不明)でした。まぁ、新しいソフトが買うお金がないということもあったと思いますが。
そういう事情なので、よく友達とソフトを交換して他のゲームを遊んだりしていました。『レッキングクルー』や『グーニーズ』などいろんなゲームを借りて遊んでいましたが、その中でもっとも遊んだゲームが『バルーンファイト』でした。

今、ゲームボーイアドバンスのソフト『ファミコンミニ』として再発売されてCMも流れて知っている人もいると思うのですが、あの軽快な音楽と風船の浮遊感がとても好きだったのです。そんなわたしが再発売されて買わないわけがありません。

買って、電車でも、トイレでも、待ち合わせでも、いろんなところで遊んでいるのですが、今すると結構難しいですね。難しいのですが、何度もやってしまいます。こういう中毒感が昔のゲームにはあって、今のゲームには感じられない点ですね。最近のゲームは表現力を得たと思いますが、別の何かを失ったのではないでしょうか。


ところで、わたしはバルーントリップが好きなのですが、Rank18くらいまでしかいけませんね。Rank1とかいくとどうなるんだろう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.05.27

意味無いじゃん。


winnyの衝撃? 罪に問われた利用者 何でも「ただ」夢の世界 (Yahoo!ニュース)

「パラダイス。欲しいものが何でも手に入る」。ガンダムとビジュアル系の音楽が好きな少年(19)にとって、ファイル共有ソフト「Winny(ウィニー)」は、夢のような世界だった。ゲームも音楽も何でもただ。送受信はすべて暗号化され、絶対にばれないはずだった。すっかり魔力に取りつかれていた。

パラダイス!!桂小枝に体験してもらわないと駄目ですね!

絶対にばれないはずだった。

こういう冗談が流布されていたのでしょうか。ほんと、わからない人は信じちゃうのかもしれませんね。

被害額13億8000万円。検察側は、少年が違法にゲームソフト26本をネットに放流したことで、ソフト会社が被った額を算出した。途方もない数字に、少年は「算出方法がよく分からないが、損害賠償を請求されたらどうしよう。拘置されている間に、母が自宅の電話を解約してしまった。反省はしている。けど、またウィニーを使いたい」とつぶやいた。

この金額もどうやって計算したのかわかりませんが、期待値過ぎるのではないでしょうか。というより、この少年。結構正直者みたいです。「また使いたい」って・・・正直者はバカを見るって言いますよねぇ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.25

禿と同等と言われても・・・。

某所で、このテストが紹介されていましたので、早速やってみました。というか、テスト好きですね、わたしも。

 PANELS

姿勢を正してテストに望むという真剣な態度ではなかったので少し申し訳ない気持ちになりながら、こういう結果がでました。

あなたの脳力

運動神経 122(+40)
 記憶力 34(-27)
 反射神経 108(+28)
 判断力 151(+104)
 集中力 19(-76)
 持続力 97(+16) 
 正確性 79(-10)
 
あなたの総合脳力
 B 610 p
 ※現在の平均 C+ ( 527 p )

分析結果
 あなたは孫正義と同等の脳力を持っています。
 運動能力が他人と比べて優れています。
 物忘れがひどく、創造することが苦手なようです。
 物事に対する判断が遅く、優柔不断なようです。
 頭が良く、考えることがわりと得意なようです。
 認識力が低く、物事を再現するのが苦手なようです。
 行動が雑で、適当に事を済ませようとするようです。

※脳力の横の括弧の数値は平均値との差です。

またやってみようと。(と思うということは、結果に不満があるということでしょうね。)

| | Comments (3) | TrackBack (1)

子供のように。

わたしはコンピュータの黎明期の頃の話や伝説が大好きでチューリング博士の話を読んだりしては目を輝かせたりしていました。そんなわたしがこの記事を見逃すはずはありません。

ゲームの歴史や仕組みがわかる展覧会
「テレビゲームとデジタル科学展」が国立科学博物館で開催
(インプレス Game Watch)

「テレビゲームとデジタル科学展」は、テレビゲームの誕生の歴史や、ゲーム機の仕組み、どのようにしてゲームが作られるかなどを、さまざまな展示物を交えながら紹介する展覧会。「ゲーム機はコンピュータである」という観点から、ゲームだけでなく、'30年代から始まるコンピュータの歴史も合わせて振り返る。

「ゲーム機はコンピュータである」という観点、素晴らしい。これは当たり前の事なんですが、ゲーム機がもう身近過ぎる存在になってしまってコンピュータとしての違和感もない為か、そういう意識って薄いんですよね。「何台、コンピュータ持っていますか?」と聞いてもパソコンの数しか数えなかったりとか。そして、一番気になったのは。

会場の展示物には、日本初上陸となる世界初のプログラム内蔵電子計算機「ENIAC」の一部や、アーケードゲームの原点ともいえる「コンピュータ・スペース」と「PONG」など、滅多に見られないものも多数用意される。

ENIAC!!一部ってどこを持ってくるんだろう、一部なら動かないのだろうか。この為になら久しぶりに帝都に行ってもいいかもと思ってしまいました。というか、関西でもやってほしいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

がんばれ、UFJ。

わたしのメインバンクな、UFJ銀行。正直、24時間空いている店舗はもっと強調してくれい。梅田周辺でもどこが開いているのかわからんですよ、ほんと。(結局、郵政公社で下ろしている。郵政公社には勝てんか?)

でも、ほんと大丈夫ですか?別に一蓮托生という関係でもないですが、ずっとお付き合いしている銀行さんなんで、がんばってほしいものです。夕刊紙に毎日のように煽られている場合じゃないですよね。

わたしが思うに、インターネットを使った口座間取引は無料、もしくはもう少し安くしてはいかがでしょうか。窓口と同じ手数料なんてちょっと納得がいきません。手数料ってコスト代ってことですよね?逆に窓口はもっと高くしたらどうでしょうか、人的コストもかかっているでしょうし。とりあえず、潰れないように頑張ってくださいねー。

UFJ:寺西頭取らトップ3人の退任を正式決定 (MSN-Mainichi INTERACTIVE)

UFJホールディングス(HD)は24日、04年3月期決算で経営健全化計画の目標を2年連続で3割以上、下回ったことを受け、寺西正司UFJ銀行頭取らトップ3人の退任を正式に決定した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

沈んだのは空港だけか。

関西国際空港、略して『関空』。出来る当初より、沈むことが予想され、それを含んだ設計になっていると聞いた事があります。関空が出来てからそんなにたっていないと思っていたのですが、工事開始からもう17年になるんですね。

そんな関空が沈んできていて、それを考慮した設計によるギミックがすでに発動しているという記事がありました。

[ほんまかいな?]関空ターミナルビル、建物のゆがみをスロープで実感 /大阪 (Yahoo! ニュース)

◇空港ターミナルビル地階のコンビニ手前--17年で平均12・18メートル、年々地盤沈下が進む空港島
◇あらかじめ想定した構造--ジャッキアップ、壁も露出
泉州沖約5キロにある関西国際空港を担当して約2カ月。空港島は年々地盤沈下が進んでいると聞き、ギョッとした。さらに、沈下の影響で建物にゆがみが出ており、ジャッキで建物を持ち上げて矯正していると聞いて「ほんまかいな?」。
ちなみに地盤沈下は、空港島の海底の土に含まれた水が、埋め立てた土砂(約1億8000万立方メートル)などの重みで押し出されることにより土の体積が減って起こる。関空会社は空港島の17地点で計測しており、87年1月の空港島の建設工事開始以来、17年で平均12・18メートル、地盤が沈下した。

結構、沈んでいってるんですねぇ。12mって結構な距離ですよね、建物にしたら4階くらい?

しかし、沈んでいるのは関空が乗っている空港島だけではありません。関空の集客力を目当てにした近隣の産業も沈んでしまっています。関空の対岸になるりんくうタウンという街も埋め立てて出来たようですが、その用地のほとんどがなんの企業も入らずフェンスで括られてぺんぺん草が生えているという始末。(まだマシなりんくうタウン駅近くのりんくうパパラの周辺でも結構そんな感じですよね)特に少し離れた樽井方面とかほんと酷いですね。

わたし自身はその集客力を目当てにした施設に週末に車で行って利用するという少し離れた客なのですが、地域の人たちは「だまされた」っていう気持ちなのかもしれません。(もっとも、関空の建設の意図からすると、大阪府民の多くが騙されたのかもしれません。)

でも、ほんとがんばってほしいんですけど、関空。もっと、使われやすい方策とかはないのでしょうか。24時間空港を目指していたと思うのですが、そのあたり、初心に帰る事は出来ないのでしょうか。(空港使用料が他の空港より高いという事を聞いた事があります。アジアのハブ空港になるというスローガンはどこに行ってしまったのでしょうか。)

この記事の最後はこう括ってあります。

なお、空港島が水没する心配はないそうです。

ほんとかよ・・・

| | Comments (12) | TrackBack (0)

2004.05.24

癒しを求めて。

先日、記事にしましたMOGUクッションですが、注文していたものが届いたという連絡がありましたので、早速買ってきました。

いやー、でかいのなんのって。こんなに大きいものだとはおもっていなかったのと、こういう造形とも思っていませんでした。そんなクッションはとても肌触りがよくて、今ではすっかりお気に入りだったりします。いい買い物をしましたね。

モノを買うことでなにかを埋めているのかもしれません。癒し系?癒されたいと思っているのは、確実でしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「助けたい」という思いはおごましいのかもしれない。

最近、知ったことですが、わたしの長い友達がどうやら自傷行為、いわゆる『リストカット』をしているようです。いつからしているのかわかりませんが、たびたびしたくなるようです。それを知って、わたしは「自傷はよくない」と言い続けているのですが、どうやら効果は無いようです。

じゃあ、わたしに出来る事はなにがあるのでしょうか。・・・無いのかもしれませんね。

彼女は「どうしていいのかわからないからリストカットするしかない」と言います。そういう思考の袋小路が自傷行為に駆り立てているのかもしれませんが、自傷行為をしたところで、袋小路からは出れないと思うのですが、そういう論理的な思考力というのもそういう状態だと無くなってしまうのかもしれません。それが決して悪い事だとは言いません、そういう時って誰でもあるかもしれないからです。(少しの客観性があれば助かるのでしょうか)

そういう時にいつも思うのは、彼女のそういう行為を止めてくれるわたし以外の人を彼女は求めているんだろうなぁと思い、わたしには任務が無い、何も出来ない、そういう無力感に浸ってしまって何も出来ないのです。


ここに書いても見てくれているかわかりませんが、「○○をするしかない」という考えは多くの場合において間違っています。するしかないからと言って、愚かしい事をしてしまうのは、やはりよくないと考えます。本当にそれしかないのでしょうか。また、「なにをしたらいいのかわからない」のならば、なにもしなかったらいいじゃないのかな。別に常に何かをしていないといけないという事は無いと思いますよ。ほんと、もう少し軽く生きれたらいいのにね。それは無理なのかな。

前にも書きましたが、あなたが生きている事がわたしの日々を明るくしてくれているのです。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.05.23

マイケル・ムーアは気になる。

わたしは映画を見るのは好きなのですが、見る時間が無いというか、映画よりも優先すべき事項がいっぱいあるんでしょうね。それでも映画好きなのか。まぁ、それはおいておいて、マイケル・ムーア監督の映画は前から見たいと思っていたのですが、前の『ボーリング フォー コロンバイン』は見れませんでしたので、今回の是非時間を作って見に行きたいですね。わたしもブッシュは嫌いですし。

ムーア監督、「びっくりしちゃっただろ」 カンヌ最高賞 (asahi.com)

「何てことしてくれるんだよ。びっくりしちゃっただろ」――。「華氏911」でカンヌ国際映画祭の頂点を極めたマイケル・ムーア監督は、授賞式のステージに上がると戸惑った表情で傍らの審査員団に語りかけた。

そんな監督に一方的に敵視されているブッシュ大統領はこういう事になっちゃったみたいです。

米大統領、自転車から転落 顔や手足などに軽いけが (Yahoo!ニュース)

【ワシントン22日共同】ブッシュ米大統領は22日、テキサス州クロフォードの牧場でマウンテンバイクでサイクリング中に転倒、顔や手足などに軽い擦り傷を負った。

ご自愛下さい・・・

| | Comments (14) | TrackBack (0)

2004.05.22

無防備条例は全く無駄。

先日、仕事から疲れて家に帰ってきて、家の最寄駅に着いて改札を出た時にビラを渡されました。よくよくあたりを見渡すと、運動家のような方が数人いて、仕事帰りの人達に手製のビラを配っていました。そして、家に帰ってトイレの最中に読んで「こんな馬鹿げた事がまかりとおるか」と思っていたのですが、どうやら、まずは条例制定の第一歩を踏み出せそうです。とりあえずは、お疲れ様。

で、その運動なのですが、気になる人はこちらを読んで上げて下さい。

 大阪市平和・無防備条例直接請求署名活動

興味のある人はいろいろと読んでみると面白いと思うのですが、この運動をしている人たちの論理的な根拠は次のとおりです。

さきのホームページのQ&Aより

第二次世界大戦後に戦時の非人道的行為禁止や民間人の保護を定めたジュネーブ条約。
その後ベトナム戦争を教訓に、敵味方関係なく住民保護を最優先した国際人道法がジュネーブ条約追加第一議定書です。
(ちなみに161ヶ国が締結しているこの追加第一議定書に、日本はアメリカとともに未加入。なんで?)
その59条に規定されている無防備地域宣言(non-defended locality)は、一定の条件を満たせば宣言することができ、
宣言地域への攻撃は一切禁止されます。これに違反すれば戦争犯罪で処罰されます。

国際法に基づく無防備地域宣言は国家単位ではなく地域(自治体)単位での宣言が可能。
大阪市が攻撃されるのを防ぐだけでなく、戦争協力を拒否する手だてとなり得ます。
たとえば日本国憲法第9条に反して、日本政府が地方自治体に対して戦争協力を求めたとしても、国際法で定められた
無防備地域として大阪市はNOと言うことができるのです。
世界に向けて発する大阪市民の平和の意思表示となります。

論理的な考察が出来る方はこの根拠の脆弱性に気付くと思いますが、まず、この記述。

ちなみに161ヶ国が締結しているこの追加第一議定書に、日本はアメリカとともに未加入。

国が未加入な条約に市ごときが則る事が出来るのでしょうか、これが一番よくわかりません。そして、ビラを配っている人も論理的な説明が出来ていませんでした。それでいいのか?

まぁ、とりあえず、条例が出来て宣言したとしましょう、じゃあ、未加入な国と日本が戦争になったら、どうなるのでしょうか。戦争犯罪で裁かれるってだれに?アメリカが入っていないという事は、あまりにも意味がないと思います。現時点でアメリカは世界一の好戦国ですからねぇ。

そういうわけで、わたしはこの宣言をすることの意味を疑っているので署名をしていないのですが、結構集まっているようです。

わたしが貰ったチラシにも、この資料にもあるのですが、この条例l、宣言の為に大阪市は予算を割くという事が書いてあります。ただでさえ借金に頼ってるのにね、大阪市は。無駄な予算を使っている場合じゃないと思うので、議会で否決されることを祈っています。


# あと、署名っていうシステムはホント適当ですよね、本人認証すらありゃしない。公的認証サービスを使ってうまいことは出来ないかなぁ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

見るテレビが無い。

世界ふしぎ発見!』が見たかったのに、どこの局も緊急番組ですか。正直、他人の家庭の事、興味ないっス。当事者以外にとってどうでいいことに振り回されすぎじゃないの、これー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.21

己の事は棚にあげて。

「自分の事は棚にあげて、人の事を言う」という言葉があって、それはあまり好印象ではない場合に使われます。このニュースがまさにその用途に適していると思います。

「1日1回以上ネットを監視せよ」──不正アクセスの元研究員にACCSが要求 (ITmedia)

コンピューターソフトウェア著作権協会(ACCS)のWebサイトから個人情報が流出した事件で、ACCSは5月20日、サイトから不正に個人情報を引き出したとして起訴された元京都大学研究員に対し、ネット上で情報が拡散していないか、1日1回以上掲示板などを監視するよう義務付けを求める仮処分申請を京都地裁に申し立てたと発表した。

インターネットでの最近の事件として、わたし的にはWinny同様に注目していたこの事件なのですが、どうもこの一連の動きを見ていると責任転嫁を目的としているように感じています。 A C C S 必 死 だ な。

本当の責任はどこにあったのか、多くのニュースリリースで煙に巻いていると思えます。その効果で、この記事の内容がまぎれていっているようです。

「足元から火がついた」──ACCSの個人情報流出は1184件、脆弱性を3年以上放置 (ITMedia)

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)のWebサイトから個人情報が流出した問題で(関連記事を参照)、ACCSは11月12日、流出した情報の件数が1184件に上ることを明らかにした。サイトは欠陥が放置されたまま3年以上運営されていたことも分かり、プライバシー保護を呼び掛けてきたはずのACCSの失態に批判が集まっている。


わたしが考えるに、企業などの情報収集者が得た個人情報はすでに共有化されていっているように思えます。なので、自分が情報収集者に提供した情報は他の情報収集者に漏洩(共有化)するかもしれないと考える方が妥当だと思います。そんな中でそのような被害を受けない為には、不要な情報は提供しないという事に尽きます。街では、いろんなシーンで個人情報を集め、「提供者には利益がありますよ」という勧誘がいたるところで行われています。小売店のポイント割引付き会員カードなんてものはそれの最たるものですよね。まずはその収集者の情報に対するプライバシーポリシー、セキュリティポリシーを理解し、提供すべきかどうかを考慮する事がもっと重要になっていくのではないかと考えます。(もっとも、お粗末なプライバシーポリシー、セキュリティポリシーを定義しているような収集者には正確な情報を提供する必要がないと思います。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.19

これでブルジョア?

今日は、仕事のやる気もありませんでしたので、さっさと帰る事にして、帰る途中に寄った百貨店にMOGUのコーナーがあるのを見つけ、立ち寄りました。で、いろんなものを触っているうちにとても欲しくなってしまいまして、つい店頭には置いてなかった抱き枕を注文していました、1週間後。明らかに暴走しています。そして、その暴走は止まりません。

さらに触っているうちに、枕なのに普通では買わないような値段がするメタルモグピローという枕を買ってしまいました。わたしの今の枕は、使い始めてまだ1年にもならない、スーパーの特売で買った低反発ウレタン枕(竹炭入り)なのですが、それが最近硬いなぁと思っていた事も後押しする要因になったのかもしれません。しかし、このメタルモグピロー、とても高かったー。今になって、そのお金の使い方に少し疑問を抱いています。

MOGUの枕。高かった。

さぁ、今日はどんな夢をみるでしょうか。


# 通算100個目の記事ですので、写真をつけてみました。携帯で撮った写真ってしょぼい・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

そして、Winnyは象徴になる。

Winnyについてのニュースが最近少なくなりました。ほんと今日あった拘置理由開示法廷くらいでしょうか。

ウィニー開発者逮捕:著作権侵害の道具を開発したのでない--東大助手 (MSN毎日インタラクティブ)

ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」開発を巡る著作権法違反ほう助容疑事件で、京都府警に逮捕された東京大助手、金子勇容疑者(33)の拘置理由開示法廷が18日、京都簡裁であった。

どうも初期に流された情報は意図的な操作が感じられそうです。だから、どうというわけではないですが、2ちゃんねるなどを見ても分かるとおり、ある程度の人は信じてしまったようです。

そして、弁護団が結成され、公式支援サイトも出来上がったようです。

 FreeKaneko.com

弁護団による支援の為の寄付金の口座が開設され、このサイトに入金状況が公開されているのですが、この弁護団の前に作った人の口座の分も合わせて700万円を超えるようです。件数としては、770件。だいたい平均で1万円くらいの寄付がきているようです。これは、すごいのでしょうか。

わたしは少しだけ希望をもった気がしました。インターネットのパワーもあながち非力ではないかも、という希望です。ここから、もっと寄付金は増えて、しばらくのちには落ち着くでしょうが、この勢いでは1000万は確実に超えるでしょう。弁護団の人が13人くらいいるようですが、例えば、この寄付金でその人たちへの十分な報酬が支払えるという事になったりすると、未来に光が見えそうです。

FLMask事件の時はわたしは子供過ぎて、結果しかしらないのですが、こういう動きはインターネットにおいてあったのでしょうか。ある意味、インターネット犯罪の象徴であるFLMask事件をこのWinnyは拭い去ってくれるのかもしれません。


# どうでもいいことを。新聞社は無知な市民に知らせる為なんでしょうか、Winnyを『ウィニー』と表記することが多いようです。わたしはそれをみて、これを思い出すのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.17

広報活動のblog展開。

いつかこういうblogが出てくると思っていたのですが(もうすでにどこかにあって、わたしが知らないだけかもしれませんが。)、公的な機関の広報がblogを始めたようです、それもこのココログで。それが、この伊勢崎市観光協会なのですが。

まだ、記事は1つしかありませんが、これからの展開が楽しみです。どれだけの効果があるかわかりませんが、プロモーションとしてはいいのではないでしょうか。コメントとトラックバックというblogの双方向的なツールを有効活用すれば、いい効果が出るのではないかと思っています。

というわけで、勝手ながら見守っています。

| | Comments (8) | TrackBack (1)

2004.05.16

『ラブロマ』の怖いほどの正直さ。

わたしはマンガが好きで、雑誌も単行本もよく買っていて、続きを読むのが待ち遠しいマンガは数多くあります。その中でも『バガボンド』と『ホムンクルス』ともう1つが月刊アフタヌーンで連載されている『ラブロマ』の3つは特に気になります。

『ラブロマ』は、根岸さんと星野くんの恋愛学園ドラマという感じなマンガなので、この中で繰り広げられる、根岸さんのフィルダーのようなパワフルスウィングに星野くんはカットボールみたいな投球で対峙し、それを煽る周りの人たちの中で2人の仲が深まっていくというストーリーがとても面白く読めます。なんといっても、この2人の関係性に対する真摯さというか、真剣さがとても好感を持てる上に、そうする事がいろんな障害に対する最善の解決策のように思えてくるところが、とてもいいですね。


1つずつ確実につながっていく2人。初体験、受験、卒業・・・ この2人にいろんな問題が降りかかってくるのでしょうけども、この2人なら無敵なはずで、それらに対する対処も含めてこれからの展開がとっても楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

仕事より大事な事。

先日、大切にしている人の誕生日という記事を書きました。昨日、その人のお誕生日会をしてきました。もっとも、そんな誕生日が嬉しい年頃でもないのですが、久しぶりに会った人もいたり、もっと祝福すべきニュースがあったりして、とてもいいお誕生日会になりました。

本当は、とっても大事な仕事の割り込みが発生していたのですが、お誕生日会の方が予定が先だったので断りました。上司からは小言を言われたけども。わたしは大抵仕事に時間を割いてきました。その結果、得たものはなんだったでしょう。仕事が生きがいだとは思えなくなってしまった今となっては、もっと大切にすべき時間がわたしにはあるのではないかと思った結果での行動でした。(その後、わたしの体調がとても悪くなり、結果的に正当性のある行動になりましたが。)

とにかく、貴方に会えて本当に良かった。病み上がりでも元気そうな貴方が好きだ。

-----
どうやら、先日メールが無かったのは、風邪で寝込んでしまっていたからのようです。次の日にメールが着ました。知ってたら、看病に行ったのに。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

行政サービスに対する期待。

わたしは労働をして納税もしています。そういう事で、国民の義務を2つもこなしている優等な国民の1人である、フリーターどもよ拝め。わっはっは。ま、あたりまえなんで、冗談ですけどね(笑)

そんな納税者であるわたしは、その税金を使っていると思われる行政のサービスという物に大した期待をしていないと思っているふしがあります。行政のサービスはいろいろあると思いますが、その恩恵を受けるという機会自体が少ないんですよね。税金が自分の為に使われるものだと思わない期待しない、さっきの話のようです。

そんなわたしでも、緊急を要する場合は公衆トイレを使う場合があります。そして、入ってから絶望的な思いを抱く場合があります。なんせ、トイレなのに紙が無いんですよ。そして、便器が汚いのは分かりますが、周りも汚い場合が多く、少し潔癖気味なわたしは諦めて私的(こういう言い方はしない)なトイレを見つけて用事を済ませたりします。紙が無いのはいけませんね、松本人志も言ってましたが、納税している分、紙使わせろと。紙置くと際限なく使われてしまうからでしょうか。

しかし、問題の本質はそこにあるのではないのかもしれません。汚い公衆トイレは何かを象徴しているのではないでしょうか。公衆トイレを汚く使う人は自分の家のトイレも汚いでしょうか?汚くしたとしても掃除して綺麗にしていると思います。そういう事から、これはトイレに限って言った事ではないのでしょうが、公的、みんなで使うものに対しての意識が低くなっているというか、自分さえよければよいという考え方が主流になっていっているのかもしれません。

そういう市民の意識の変化に行政のサービスも変化するべきなのかもしれません。支出にあえいでいる地方自治体も多いでしょうから、切り捨てるべきもの、有料にすべきものは再構築してみるのも1つでしょう。それを象徴しているかのニュースがありました。

有料公衆トイレの運命は? 京都 優れ物だが、利用低迷 (Yahoo! ニュース)

「臭い、汚い、暗い」と評判の悪い公衆トイレのイメージを一新しようと、京都市が今年3月、初の有料公衆トイレを市内に2基設置した。使うたびに便座を洗浄し、エアコンや洗面台も備えた優れ物だが、1回100円の利用料がネックなのか、利用者数は低迷気味だ。「公衆トイレは無料」との意識が強い日本で、果たして有料化は受け入れられるのか。

こういう試みは大好きです。やって、統計あげて効果の具合を見て欲しいです。「お金を払う」事と「綺麗に使う」事に関係性がどこまであるかが微妙な気もしますが・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「伝わらない」と思う方が楽。

わたしは職業柄、わたし以外の人にわたしが思っている事や考える事を伝えなければならない場面が多いのですが、その場合にいつも思う事は「わたしの思いは、伝わらない。」と前提にしています。しかし、そう諦めてしまっては仕事になりませんので、どのようにすればより多く正確に伝わるだろうかと考え、伝え方の工夫をするようにしています。そうすることによって、少なくとも他の人には「伝えようとしている」という事だけはまず伝わるようです。まずは伝えたいという気持ちを伝えてから、本来の伝えたい事を伝えるという方がよく伝わるようです。まるで、TCP/IPのようですね。

で、なぜ、この記事のタイトル『伝わらないと思う方が楽』なのでしょうか。それは、「伝わる」と思えば思うほどに、相手に期待している事になります。以心伝心という言葉がありますが、自分の思いを他の人に伝えるということは、相手あっての事ですから、結果的に「伝わらない」事もあるわけで、そうした時にダメージが大きいのは「伝わる」と思っていた場合、そういう意味では「伝わると期待していた」と思っていた事になり、思考の方向によっては、「受ける方がおかしい」と思ったりして、一層袋小路になったりします。こういうのって仕事だけではなくて、恋愛だったり、友達関係もそうですよね。

達成すべき目的はどこにあるのでしょうか。目的を達成する為の手段を選ばなければ達成する事はできません。あたりまえの事ですね。その場合に「伝わない」という後ろ向きな前提条件を用意する事によって、

・・・・

ここまで書いてきて、前にも書いたかもと思いだして、調べてみると書いてました。よっぽど気になる事なんでしょうね。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2004.05.14

そう言えば、ジャンボ。

今日(もう昨日ですね、5/13の事です)はジャンボ鶴田氏の命日でした。合掌。

今日はプロレスゲームでジャンボと会ってから、寝よう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Winny包囲網。

先日、わたしも記事にしましたが、Winnyの開発者が逮捕されて、いろんなところに波紋が広がっているようです。

たとえば、Winnyの使い方を説明していたサイトが断末魔?(捨て台詞?)を残して閉じてしまったり、まぁ、残さなくても閉じていっているサイトが多いようですね。本気だせばすごいじゃないですか、警察も。(ベクトル間違っているけど)

あと、こういうニュースも今日出てました。

ネットエージェント、Winny上のファイル共有者を特定するソフトを開発 (INTERNET Watch)

ネットエージェントは13日、Winnyのユーザーがどのようなファイルを共有しているかを特定するソフトウェアを開発したと発表した。このソフトウェアにより、Winnyの全貌解明や、違法ユーザーの抽出が可能になるとしている
これまでの解析ソフトウェアでは、Winnyのパケットの暗号を解読して、Winnyのネットワークに流れているキーワードやファイルの内容などを調べることが可能となっていた。今回発表したソフトウェアでは、Winnyのノード情報(参加しているユーザーのIPアドレスや登録しているキーワード)や、共有されているファイルごとに、そのファイルを公開しているユーザーのIPアドレスが取得できるようになったとしている。

この記事の中にもある『One Point Wall』というソフトウェアが開発されてWinnyの暗号を解いたというニュースが出た時から注目していたのですが、いやぁ、タイミングがとてもいいですね。いろいろうがってしまいそうですが、本当にリソースの質と使い方が素晴らしいと思いました。こういうビジネスチャンスももちろんあるはずなんですが、そういうことに目がいきませんでした。えらいですね。

ここまで、周知されてくるとネットワークの規模もだいぶと小さくなるかもしれませんね。あと、「悪質だった」という警察側のコメントが発表されていますが、それが逮捕した論理だとしたら、それは思想弾圧なんじゃないかとも思えてきました。わたしも大して著作権に詳しくはないですが、ダウンロードと所持は違反にはならないという認識で、多くのWinnyユーザもそういう認識なのかもしれませんが、こういうコメントに震える子羊も結構いそうです。とりあえず、幇助ってすごい理由ですよね。この圧力に対してどこまでインターネットのコミュニティが頑張れるか。支援サイトもいっぱい出来ているようですし。見守りモードです。(しかし、既視感がぬぐえないのはわたしだけでしょうか)

しかしながら、著作権ビジネス側から「そんなもん、だまって見過ごせるか」ということなのかもしれませんね。(だからといって、CCCDっていう欠陥商品を販売するのはいかがなものか。しょぼい技術だったけど。) そんな既得権益の人たちが思っている事はこうでしょう、

著作権(ビジネス)はやわじゃねぇ!!


# ちなみにわたしの立場としては、Winnyのユーザではありませんし、それが特に良い悪いも思わない方です。ただ、周辺にあるソフトウェアの技術とコミュニティのパワーに興味があります。

# 前の記事でDVD-Rライティングがうんたらかんたらと書きましたが、よくよく考えてみたら複製権は認められていましたね。ただ、これも使い道次第です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.13

大抵の会議はだるいものなんです。

わたしは会議が嫌いで、会議が予定されている日なんてのは朝からどよーんと気分が沈み込んでしまう事が多いです。というのも、会議の多くは、する事自体に意味があって、その内容には意味が無く、ただただ時間を共に潰す、そういう事が多いのです。(まぁ、そんな会議が許されているわたしの勤め先がとろいだけかもしれません) なので、そういう時に、わたしは持参の手帳やメモにらくがきをしたりして時間を潰すのです、ああ、めんどうですね。

どうやら、そういう想いなのはわたしだけではなく、国会議員の人も同じようです。

<小泉首相>「議場で携帯やマンガはダメ」 若手議員に苦言 (Yahoo!ニュース)

 「議場で携帯電話をかけたり、マンガを読んだりしないように」。小泉純一郎首相は13日、自民党所属の衆院議員1年生約30人と官邸で開いた昼食会でこう苦言を呈し、若手議員らのマナーをたしなめた。
 出席議員によると、議場のひな壇で議員と対面して着席している小泉首相は「携帯電話でメールをしたりしている姿が私の席からよく見える。テレビ映りも悪い」と指摘

そのマンガが『内閣総理大臣 織田信長』だったらいいのですが・・・

というか、この一年生というのはみんな年齢がばらばらでしょう。いいおっさんがこうたしなめられている光景って微笑ましいのでしょうね。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

これって愛ですか。

今日はわたしがとても大切にしている人の誕生日で特別な日です。誕生日が何故特別に思えるかという事に関しては以前に書きました。まぁ、比較的なだけですけども。

そんな大切に想っている方ですので、お祝いのメールを送りました。返事はいまだ無し・・・ _| ̄|○

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.10

作者を逮捕する事では解決にはならない。なら、何故に?

今日、昼に投稿したように、PtoPファイル交換/BBSソフトウェアのWinnyの作者が今日、逮捕されたらしいです。以下、いろんなニュースから。

京都府警、Winny開発者逮捕~事情聴取では47氏が違法性を認める発言も (Internet Watch)

Winny開発の東大助手を逮捕 著作権法違反幇助容疑 (asahi.com)

ファイル交換ソフト:ウィニー開発の東大助手を逮捕 (MSN-Mainichi INTERACTIVE)

インターネット系の事件がこんなに大きく扱われた事があったでしょうか。一面になった新聞もあるようで、まぁ、事件としては結構大きいでしょう。Winnyの存在が問題だった事と、罪に問えるのかという事、あと、東大の人だったことが、更に事件性を大きくしている気がします。

いろんな事が明らかになってくるでしょうが、1つ言える事は、Winnyに変わるソフトウェアが出現しない限り、Winnyネットワークは少しだけ縮小するだけで、ある一定においては残るはずです、あたりまえ過ぎるか。大体100万人使っている人がいるようですが、それだけの人間が一斉に散るとは思えない上に、いくつかのソフトウェアを組み合わせて更に安全なネットワークを構築してしまう人間も出そうです。

しかし、こういう用件で逮捕されてしまうということは、DVD-Rをライティングするソフトウェアを作っている会社も一網打尽でしょうか、anonymous FTPなんてのも著作権違反の巣窟なわけで、FTPのサーバソフトウェアを作ってる人や会社もアウトでしょうか。どこまでが犯罪なのかとても難しい。FLMask事件を彷彿しました。


金子容疑者は同掲示板などで「ネット上でデジタルコンテンツが取引されるのはやむを得ない」と発言。「自らが著作権侵害をまん延させることで新たなビジネスモデルを模索できる」などと主張し、236回にわたって「ウィニー」のバージョンアップを繰り返していたことから、府警は違法性を十分認識していたと判断した。(MSN-Mainichi INTERACTIVE)

例え、違法性十分認識していたからとして、これが違法性を問われる事なのでしょうか。
ACCSとかプレスリリース出してるけども、意味があるの?ただのでしゃばりですか?

とりあえず、後は、見守るしかありません。(あまり闘う気がなさそうだし。)ただ、わたしはエンジニアの末端にあるものとして、1つのソフトウェアが出来ていく過程というものがとても興味がありましたし、そのアイデアが素晴らしいと思っていました。お疲れさまでした。


しかし、インターネット犯罪=京都府警っていうイメージが定着しそうですね。もちろん、これも忘れてはいけない。

捜査記録がネット流出 京都府警巡査のPCから (Yahoo! ニュース) 

京都府警は29日、ひったくり事件の被害者ら11人分の個人情報を含む捜査関係記録がインターネットに流出したと発表した。
 警察庁は「警察の捜査記録がネットに流出するのは全国で初めてではないか」としている。
 巡査は「Winny」などファイル共有ソフトを使ったことがあるとみられ、パソコンを自宅でインターネット接続した際ウイルスに感染、ハードディスクにあった記録が流出した可能性があるという。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

とりあえず、速報的に。

Winny開発者、逮捕 (ITMedia)

京都府警は、Winny開発者の男を著作権法違反ほう助容疑で逮捕した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.07

軽く決意を。

今日は早く帰りましょうとも!!

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2004.05.06

『彼氏彼女の事情』の範囲。

わたしは少女漫画はあまり読まないのですが、『彼氏彼女の事情』だけは、昔、エヴァンゲリオン庵野秀明アニメ化した事もあって、その頃からずっと読みつづけています。始めの頃は結構コメディっぽかったところもあったり、時には秀才の葛藤だったりとメリハリが効いていてとても面白かったので、当時、アルバイトしていた書店でフェアを組んで売上に貢献したりしたのは懐かしい思い出です。

『彼女彼氏の事情』しか読みませんので、花とゆめは買わずに単行本で買いつづけてもう18巻。最近、有馬くんの家のことばかりが描かれているのですが、確かに少し面白いところもあるけども、それって『彼氏彼女の事情』なんだろうか。恋人の事情ってどこまで考慮しないといけないの?祖父?叔父さん?いなくなったお父さんも?死んだお父さんのお母さんも?なにかすっごく大きい気がします。

「知りたい」と思う欲求は分かる気がします。でも、わかったからといってなにかが出来るのか。場合によりますねぇ。有馬くんちは江戸時代からの名家らしいので、ここまでスケールの大きい話になってしまうのかもしれませんが、そういう事情は彼女ではどーにもならないし、どーでもいいことのようにも思えるのですが、読んだ事ある人、どう思いますか?(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.05

フリーターメーデーというのがあったらしい。

5/1はメーデーと言って「労働者の日」みたいで、祝日ではないものの、企業としては休日にしている会社が多いようです。(まぁ、ゴールデンウィークという長期休暇の口実にしているかもしれませんが)
そして、日本各地の公園では集会が行われ、先日、菅直人が年金未払いでおちょくられるというニュースがあったのも、メーデーのイベントでした。

そんな華々しい(いいすぎ)イベントの影で、フリーターメーデーというのがあったようです。(その様子はこちら) また、このサイトには呼びかけのようなものが書かれていました。(そして、こちら

長いけども、ほとんどを引用します。

近年デフレでモノが安くなっているが、それと同時に人間の値段も安くなっているはけしからん! 特にフリーターの給料は正社員に比べて約2分の1。なんでこんなに安いんだ! それだけではない。立場の弱いフリーターであることをいいことに、残業代がもらえない、有給休暇が使えない、挙句の果てには妊娠したからリストラ! というのもざらである。こんなんで働けるか!! ばかにするな!!  政府は戦争と年金減らしに一生懸命で、たまに思い出したかのようにフリーターのことを語ると、「生きがいを持て!」なんてことを、大企業の談合団体日本経団連と一緒にのたまわっている。おい! そもそも仕事に生きがいなんてもてないぞ! それも時給2,000円以下ならなおさらだ! 生きがいどころか、生きる気さえ失せていくぞ! 時給安すぎるぞ! 年金なんて払えないぞ! 借金増えていくだけだぞ!  来る5月1日は、昔アメリカシカゴで大勢の労働者が週8時間労働を求めてデモをしたことを記念して、世界中でメーデーというものが開催されるらしい。この機会をおおいに利用して「フリーターに一人前の賃金を!」「フリーターをばかにするな!」「仕事に生きがいなんて求めないぞ!」「労働組合は戦うぞ!」を世の中に訴える集会とデモを、5月1日夕方5時から新宿2丁目公園でささやかながら開催したいと思う。フリーター並びに労働者不満分子のみなさん! 共に日頃の憂さ晴らしをしよう!

政府や経団連がフリーターに対して「生きがいをもて」と言ってるかどうかは知りませんが、仕事に対する姿勢に関して『生きがい』というのは別に無くてもいいとわたしは思います。

じゃあ、人間はなぜ仕事するのでしょうか?

フリーターが悪いとか、バカだという事はともかく、そういう基本的な事からまず考えなければならないと思いますよ。「フリーターに一人前の賃金を!」というスローガンを垂れ幕にして歩いていたみたいですが、一人前の賃金を与える価値があなたにはあるのかと聞いてみたい。あと、一人前の定義って何?他の主張もそうですが、何が原因かどうかということを考えたことがあるのかい?


わたしの友人でフリーターをしている女性がいます。彼女は、2つの職場で週休1日で毎日12時間ほど働き、会社員であるわたしの給与を軽く上回ります。その職場にわたしがお邪魔させてもらった感想、どの職場でも彼女は重んじられていて存在感があるようでした。わたしは「そこまで働かなくてもいいのでは?」と率直に聞いてみた事がありますが、彼女はいくつかの簡単な理由を述べて、わたしは大変関心した記憶があります。


つまりは、どこまで真剣に仕事と向き合えるかということではないでしょうか、これは仕事=人生と言い換えても成り立つと思います。そういう気持ちが無い人間の労働に1時間2000円の価値があるのでしょうか。フリーターの中でも両極化していっているはずで、高収入フリーターと低収入フリーターというのがいると思う。その差はいけないのでしょうか。

低能力な人間が低賃金しかもらえないのは当たり前の話で、賃金が低いと言う前に自己反省はしたのでしょうか。生きる気が失せてくるなら、死ねばいいでしょう。それでも、なぜ生きてるのですかと聞きたい。いったい誰に甘えてるのだろうと思いましたよ。生を冒涜する人間はエインフェリアにもなれないのです。

この引用した文章を読んで、すこしながら暗くなったのです。村上龍がフリーターを気にする理由が少しわかったような気がした、15の昼。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.03

ヘタな休日の過ごし方。

世間はゴールデンウィークという事で何連休という事で、わたしが所属している会社も7連休だったかな、そういう大型連休だったと思います。ですが、わたしはもう佳境に入ったプロジェクトに参加していまして、連日会社に出ているという日々を過ごしているのですが、今日は久しぶりの休みなのです。また、明日からは仕事なのですが。

というわけで、その貴重な休日をどう過ごすかという事について少し考えてみたのですが、あまりいい案が浮かびません。結局、親孝行する事に決めました。幸い、その対象となる人がちょうど休みだったみたいなので、会いに行ってご飯でも食べようかと思います。そういう休みがあってもいいでしょう。


ほんとは、少し風邪気味だから、寝てるのがベストなのかもしれないけども。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.02

エロいマクド。

ここのところ、家と会社との往復の毎日なのですが、そんな中でもマクド(マクドナルド)の店の前を通る事が結構あるのですが、ここ最近、アルバイトの制服が変わったようで。女の子はぴたっと体にくっついた黒いシャツになっていました・・・

あの、胸の形がくっきりわかってしまうシャツは少しエロいですね・・・ そういう戦略ですかね。(そんなわけはない。)


これで売上が上がるなら安いものなのだろうか、というよりは、上がるのか。アルバイトやってる方は嫌な子もいてるでしょうね。今度、友達のアルバイターに聞いてみようっと。

とりあえず、わたしはそれを尻目にモスやフレッシュネスに行くのでした。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2004.05.01

バカが冴え渡る。

ほんと、呆れるというのはこういうことかというくらい呆れた。こんなバカが記者会見を開く事自体がバカの所業なわけです。

信念持っている、体験生かす…郡山さん・今井さん (Yahoo!ニュース)

自らの責任について問われると、郡山さんは「ジャーナリストは危険だからこそ現場に立って伝えるものがある。リスクを背負っているのだから、僕らには当てはまらない」と話した。さらに、午後8時から日本外国特派員協会で開かれた2回目の会見では、「信念、自信、誇りを持っており、自己責任とか自業自得とか言われるのは心外」としたうえで、「今回、取材は何もできなかった。準備ができ次第、また(イラクに)行きたい」と述べた。
 今井さんは「国内の反応に驚いている」としたうえで、「今回の体験や、劣化ウラン弾の被ばく、イラク戦争の悲惨さを語るのが、自分に生じた責任と思う」と話した。(読売新聞)

なんだか、理解を超えた説明というか、言い訳なのか。こう、言語の通じない人ってたまにいますよね。昔だったら、オウム真理教とか。って書いたら「オウム真理教と一緒にされるのは心外だ」と言われちゃいますかね。

また、関係無い事を並び立てるというのも詭弁の象徴でもありましょう。

「ジャーナリストは危険だからこそ現場に立って伝えるものがある。」
「リスクを背負っているのだから、僕らには当てはまらない」
「信念、自信、誇りを持っており、・・・」
「・・・劣化ウラン弾の被ばく、イラク戦争の悲惨さ・・・」

とりあえず、一方しか見る事が出来ない人って本当に迷惑ですよね、様々なシーンで。迷惑行為禁止条例で取り締まれないものなのかしら。というのは、単なる冗談ですが、本当にイラクの為にって考えているんなら、

 ノ::::゙、 ヽヽヽヽ ゙、
ヘ:::::::::;;: -‐''''""( )1
 ゙、::::::::-‐''""" ̄"'i
  :V;;||:::: '~ニ=ッ, r='|
  i!f !:::::      ゙、i
  i!ゝ!::::     ‐/リ
  i::/:、 :::、  /''ii'V
  ̄ハ:::::\ "''il|バ''
ショカツリョウ
諸葛亮 いわく、

ほかにすることは
ないのですか?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

トラックバックの意味とは?

blogの賞賛される機能としてトラックバックという機能があります。それはどういう機能なのかというと、このココログではこういう説明をしています、いまいち。やっぱり、はてなの方がいいですね。

こっから先ははてなのリンクにもあるとおりの討論され尽くした感がある議論について。


このblogにもたまにトラックバックを送ってくださる方がいます。まぁ、これは儀礼的な事ではありますが、一度は読みに行くようにしています。しかし、どうでしょう。そのトラックバック先の記事がわたしの記事について書かれたものでない場合というのが、ここのところ続いているようです。そして、トラックバック先からわたしの記事に対してたどる事ができるようになっていない。先にあげたココログの説明には、

そもそもトラックバックとは、一方的に張られたリンクとは違い、ユーザーがリンク先の相手に対して、リンクを張ったことを伝えることができます。  さらにそこにはリンクを張ったユーザーが運営するウェブログ(blog)の URL やユーザー名、内容について記述することが可能になっています。  つまり、「参照元の情報が記されたリンク」と言えるでしょう。

このように書かれており、ココログの説明は意図としてユーザに周知されているわけではないようです。つまり、現状としては、自分のサイト(blog)の宣伝の為という、スパムメールと同等のスパムトラックバックしか回っていないという状況があるようです。(送ってくれた方に悪意があるかどうかは別として、結果として)

だからといって、送って頂いたトラックバックを削除しようとは、いまのところ考えていません。ただ、このblogを読まれている方も注意していただいた方がいいです。トラックバックはわたしが許可しているものではなくて、勝手に送られてくるもので、玉石混合だという事を。
(じゃあ、「価値の無いトラックバックは削除したら?」という意見もあると思います。それをしないのは、ただそこにかけるコストが勿体無いのです。1円は拾わない理論と同じですね。まぁ、ただ、面倒なだけですが。)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

雲は流れて、5月。

というわけで、今日から5月。なので、反撃に向かいますよ。って、どこに向かっての反撃なのか。

先月までは本当にお金が無かったり、あっても支出が酷くてやっぱり無かったりしたのですが、今月になってそのへんの収支はうまくいきそうです。

先月も100時間を越える残業をして、今月も今から考えるには・・・そのくらいは残業しそうですね。そのくらい忙しい日が続いています。そんな最中はきっと麻痺しているのです。今月も頑張りましょう。

お金があると無駄に使ってしまうんですよねぇ、おとといもおもちゃ屋と雑貨屋で散財しました。はぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2004 | Main | June 2004 »