« 魚住アナ・・・ | Main | Shocked by SoftEther!! »

2004.01.16

萌えられる文芸作家。

この人が世に出てきたときから、賞を取るのではないかと思っていました。『取る』というよりも『取らされる』って感じでですけども。それが現実のものとなったようで。

<芥川賞、直木賞>19歳綿矢さん、20歳金原さんら受賞

第130回芥川、直木賞(日本文学振興会主催)の選考委員会が15日、東京・築地の「新喜楽」で開かれ、芥川賞に金原(かねはら)ひとみさん(20)の「蛇にピアス」(「すばる」03年11月号、集英社刊)と、綿矢(わたや)りさ=本名・山田梨沙=さん(19)の「蹴(け)りたい背中」(「文芸」03年秋号、河出書房新社刊)の2作が選ばれた。直木賞は江國(えくに)香織さん(39)の「号泣する準備はできていた」(新潮社刊)と京極夏彦さん(40)の「後巷説百物語(のちのこうせつひゃくものがたり)」(角川書店刊)に決まった。
芥川・直木賞を受賞した4人の作家

これで文芸本が売れるようになるといいですよね。文化的には成立しているのかもしれないですけども、経済的にも成立したいですもんね、文芸も。大抵の出版社においてマンガに食べさせてもらっている状況打開の為には、多少話題作りもしなければならないでしょう。その話題としては、格好の題材だと前々から思っていました。ただ、もう旬が・・・
とりあえず、受賞作をどこがで読んでみます。わたしが萌えるのはそれから。

あ、そうそう萌えるとすると綿矢さんの方ですよ。

|

« 魚住アナ・・・ | Main | Shocked by SoftEther!! »

Comments

記者会見を見ました。キャラがいいですねぇ。こりゃマジだ。

Posted by: master | 2004.01.16 at 08:43

なので、「もう旬が・・・」というのは撤回します。

Posted by: master | 2004.01.16 at 08:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12029/105385

Listed below are links to weblogs that reference 萌えられる文芸作家。:

« 魚住アナ・・・ | Main | Shocked by SoftEther!! »